編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「IBM Domino」にXSS脆弱性、数年前から存在か--セキュリティ研究者

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-06-02 11:16

 米国時間5月27日、ウクライナのセキュリティ研究者であるMustLive氏(ハンドル名)が、「IBM Domino(旧称IBM Lotus Domino)」に数年前から存在する、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性に関する情報を公表した。

 この脆弱性は、IBM Domino内で不充分な認証しか行われないセキュリティホールと、ブルートフォースアタックを通じて悪用される。攻撃者は脆弱性を悪用してウェブサーバの設定情報を入手し、さらに高度な攻撃を行うか、クライアントサイドのスクリプトをウェブページに挿入することが可能になる。

 MustLive氏は2012年からの3年間に、今回公表されたものを含む複数の脆弱性をIBM Domino内に発見してきた。同氏はこれまでに5件のアドバイザリをIBMに提供してきたが、長らく同社からの回答は得られなかったという。その後、ようやくIBMから届いた回答は、報告されたXSSの脆弱性を修正する予定はないという主旨のものだったため、同氏は脆弱性に関する情報の公表を決断したと述べている。

 IBM Dominoは、ソーシャルビジネスアプリケーションのホスティングに利用されるエンタープライズプラットフォーム。MustLive氏の報告によると、今回公表された脆弱性はバージョン8.5.3と8.5.4、およびそれ以前のバージョンに影響を与える。また同氏によると、前述したようにIBMは数年前から脆弱性の修正に消極的だったため、バージョン9.0と9.0.1も影響を受ける可能性が高いという。

 米ZDNetはこの件についてIBMにコメントを求めているが、本記事の執筆時点で回答は得られていない。

提供:Symantec
提供:Symantec

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]