「Edge」ブラウザ、「Windows 10 Enterprise」顧客の一部には提供されず

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年06月10日 12時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Gartnerのおかげで、一部の「Windows 10」ユーザーにはMicrosoftの「Edge」(開発コード:Spartan)ブラウザが提供されないことが分かった。Long Term Servicing Branch(LTSB)を利用するEnterpriseエディションの顧客には、Windows 10の標準ブラウザであるはずのEdgeが提供されないというのである。Microsoftの広報担当も、この報道が事実だと認めている。

 LTSBはWindows 10 Enterpriseの顧客が利用できるオプションで、セキュリティ関連のアップデートやホットフィックスは提供されるが、新機能の追加はない。新機能や機能アップデートによるリスクを回避したいミッションクリティカルなシステムなどを対象としている。

 LTSBを利用する顧客にEdgeを提供しないのは、定期的に新機能をロールアウトするためだと、Microsoftの広報担当もGartnerも述べている。アップデートを受け取らないマシンに、進化し続けるEdgeを含めるのは良くないという判断だ。

 今秋から提供される予定のEnterpriseディションについてはMicrosoftの幹部からもあまり情報が得られない分、他にも利用できないWindows 10の機能があるのかと勘ぐってしまうが、GartnerのアナリストMichael Silver氏はLTSBユーザーに提供されない他の機能については情報がないと述べている。また、同氏は、モダンアプリについては警戒すべきと指摘する。

 「LTSBのスタート時点ではWindowsデバイス用のすべてのユニバーサルアプリが動くだろう。しかし、他のブランチでWindowsのモダン化が進んでも、LTSBリリースには反映されない(中略)そのため、どこかの時点で、(Windows)Storeで手に入れたWindowsデバイス用のユニバーサルアプリが旧来の環境のままのLTSBで動かなくなる可能性がある。それまで稼働していたアプリであっても、Windowsアップデートの影響で機能が刷新され、影響を受けるかもしれない」(Silver氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算