編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
海外コメンタリー

軸足はクラウドへ--変貌を加速するマイクロソフト

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-06-26 06:15

 2014年の夏、筆者はテクノロジ業界における3大企業が時を経てどのように進化してきたのかを調べてみた。その3つの企業とはAppleとGoogle、Microsoftだ。

 Appleは、その時以来「iPhone」のサイズを除けば、あまり変化を見せていない(iPhoneの画面の大型化は株価に呼応しているかのようだ)。また、Googleも広告に依存する戦略をここ1年変えていない。

 しかし、企業としてのMicrosoftは劇的な変貌を遂げ、さまざまな成果を出しつつある。それら成果のすべてはSteve Ballmer氏の「デバイスとサービス」というビジョンに端を発している、そしてそのビジョンは、ここ2年間で「モバイルファースト、クラウドファースト」というものに徐々にかたちを変えてきている。

 こういったスローガンはともかく、同社の意図は従来のソフトウェアライセンスモデルから、あらゆるデバイスをサポートするクラウドベースのサービスモデルに向けた進路変更にある。

 歴史的に見た場合、Microsoftのビジネスモデルはソフトウェアライセンスの販売に軸足が置かれていた。実際、2004会計年度における同社の売上高のおよそ82%が「Windows」と「Windows Server」「Microsoft Office」のライセンス収入によるものだった。

 それから10年後、従来のソフトウェアライセンスへの依存度は2014会計年度の決算でも70%強という高い数値を示しているとはいえ、クラウドサービスとハードウェアに対する同社の大きな投資の成果も徐々に数字に表れ始めている。

 ここでより重要なのは、Windowsのデスクトップライセンスの売り上げがその平均価格の下落とともに急速に減少してきてはいるものの、同社のプラットフォーム戦略を支える屋台骨であり続けているという点だ。

 Satya Nadella氏が最高経営責任者(CEO)に就任し、6月末で1周年を迎えるMicrosoftはその数週間後、2015会計年度の決算を発表する。現在の勢いが続けば、同社は売り上げの大幅な増加を報告し、従来のライセンス収入が総売上高に占める割合は60%を切ることになるはずだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]