海外コメンタリー

あなたの知らない「ディープウェブ」の世界--その6つの特徴

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2015年06月30日 06時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 あなたが今まで「ディープウェブ」について聞いたことがないないなら、これからも遭遇しない可能性が高い。しかし、ディープウェブの規模と人気は高まりつつある。正当な使い道と不正な使い道の両面からである。

 セキュリティ企業であるTrend Microの新しい報告書は、「ディープウェブ」の現状について調べている。ディープウェブとは、インターネットのうち、検索エンジンによってインデックス化されていなかったり、普通に検索しても閲覧したりアクセスしたりできない部分のことだ。それには、「Tor Browser」のような、通信を匿名化できる特定のツールやサービスを経由した場合にしかアクセスできない「ダークウェブ」も含まれる。

 ディープウェブあるいはダークウェブは、Ross Ulbricht氏の裁判を受けて、ここ数カ月で大きな関心と注目にさらされてきた。Ulbricht氏は、ダークウェブで最大かつ最も人気のある闇市場サイト「Silk Road」を運営していたとして起訴され、有罪判決を受けている。しかし、その実態と仕組みは、多くの人にとっては謎のままだ。それはおそらく、普通の人がそこに足を踏み入れる必要はないからだろう。

 確かに、この報告書の大部分は、危機感を煽るようなお決まりの内容で、ディープウェブを使ったり、そこにアクセスしたりする人のほとんどは、不正目的で行っているのだと示唆している。しかし、興味深い内容もいくつかある。

 この報告書の注目すべき点をいくつか挙げる。

1.ディープウェブは巨大で、誰もその全体像を見ることはできない。ダークウェブの一部はかなり隠されているという性質があるため、どんなときでもディープウェブのページがいくつあるのかを厳密に判断したり、その全容を把握したりすることが不可能である。報告書は、「ディープウェブの奥深くまで十分に調査したと、確信を持って言える人はいない」としている。ディープウェブは同時に、新しいサービスや市場の入れ替わりに応じて、様態が急速に変化する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算