編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ミランティス、OpenStack対応のアプライアンス「Unlocked Appliances」を発表

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-07-09 10:39

 OpenStackクラウドの設定は簡単ではない。ゼロから設定した経験のある人であれば、誰でもそう言うだろう。このため、OpenStackに特化したMirantisは「Mirantis Unlocked Appliances」を提供し、そうした設定作業をずっと容易にしようとしている。

 OpenStackは、ハイエンドのx86サーバであればどのような機器上でも稼働する。市場に最初に投入されるUnlocked Appliancesは、DellとJuniper Networksのハードウェアをベースにしている。そのアーキテクチャは、6つのコンピュートノードと12テラバイトの利用可能なストレージを搭載したコンフィギュレーションから、24のコンピュートノードと24テラバイトの利用可能なストレージを搭載したフルラックのコンフィギュレーションまで対応し、柔軟性とスケーラビリティの双方を追求している。

 最大構成は2台のラックからなり、1500以上の仮想マシンと48テラバイトのストレージを収容できる。コンピュートノードとファウンデーションノードはDellの「PowerEdge R630」サーバをベースにしている。また、ストレージノードはDellの「PowerEdge R730xd」サーバに、IntelのSSDベースのキャッシュを搭載してストレージの高パフォーマンス化を図っている。

 クラウドソフトウェアに関しては、「Mirantis OpenStack 6.1」が搭載されている。このディストリビューションは、「OpenStack 2014.2」(開発コード名:「Juno」)のアップデート版である「OpenStack 2014.2.2」をベースにしている。

 Unlocked Appliancesの構築や認証、配備は、Mirantisの認証ラックパートナーによって実施される。同製品を配備するこうしたパートナーの1番手は、クラウドに注力したシステムインテグレーターであるRedaptだ。Redaptは同アプライアンスの構築や認証に加えて、Mirantisと協力して参照アーキテクチャの事前検証も実施している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]