編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

HPとインテル、HPCで提携--企業による採用を容易に

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-07-14 11:14

 Hewlett-Packard(HP)とIntelは、ドイツのフランクフルトで開催されているハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)のイベント「International Supercomputing Conference」で現地時間7月13日、HPCで提携すると発表した。大企業によるHPCの採用を、ベストプラクティスと専用ハードウェアの提供によって容易にしていく狙いだ。

 両社は今回の提携の下、HPCの計画と配備、管理に関するベストプラクティスを取り扱う先端研究拠点(COE)も開設する計画だ。

 HPによると、ハードウェアとフレームワークについては、同社が「HP Apollo System」をベースにしたHPCフレームワークを提供するという。

 このフレームワークではIntelのプロセッサを採用し、IntelのMany Integrated Core(MIC)アーキテクチャを採用した「Intel Xeon Phi」および、Intelの高速インターコネクト技術「Intel Omni-Path」を活用する。

 IntelとHPは、テキサス州ヒューストンのほか、フランスのグルノーブルにもHPCのCOEを建設すると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]