IBM、NVIDIA、メラノックスがフランスにビッグデータやHPC推進のためのセンター開設

ZDNET Japan Staff

2015-07-03 10:25

 IBMは現地時間7月2日、フランスのモンペリエに大量のデータ処理を必要とする研究、産業用アプリケーション、商用アプリケーションの開発を後押しするため、NVIDIA、Mellanoxと協力してPOWER Acceleration and Design Centerを設立したことを発表した

 IBM、NVIDIA、Mellanoxはいずれも、「Power Architechture」に関する技術交流を行う開発コミュニティであるOpenPOWER Foundationの創立メンバーで、今回設立するセンターは、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)アプリケーションを開発するソフトウェア開発会社に対し技術的な支援を提供する。

 このセンターではNVIDIAの「Tesla Accelerated Computing Platform」と、MellanoxのInfiniBandネットワークソリューションを利用したOpenPOWERシステムの利用を推進する。この技術は、米エネルギー省との共同で開発されたスーパーコンピュータ「Summit」および「Sierra」や、英国の科学技術施設協議会のHartree Centerでビッグデータ研究に使用されるものと同じクラスのものだ。さらに、ソフトウェア設計者がHPCに関するスキルを習得するのを後押しすることにより、新たなテクノロジーの開発促進を目指すという。

 同センターのスタッフは、NVIDIAとMellanoxの専門家チーム、およびフランスのIBM Client Center Montpellier、スイスのIBM Research Zurichのサイエンティストが中心となる。IBMとNVIDIAは、2014年11月にもドイツのJulich Supercomputing Centerとともに、OpenPOWERベースの技術を用いたビッグデータ研究を推進する同様のセンターを開設している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]