編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
Microsoft WPC 2015

OfficeやAzureの魅力を生かした包括的なクラウド戦略--米マイクロソフトの沼本氏

怒賀新也 (編集部)

2015-07-15 07:00

 米Microsoftは米国時間の7月13日から1週間、年次のパートナー向けカンファレンス「Worldwide Partner Conference 2015」をフロリダ州オーランドで開催している。

 現地にて、Microsoftのマーケティンググループで、クラウド&エンタープライズ担当コーポレートバイスプレジデントを務める沼本健氏に、Microsoftのクラウドビジネスやエンタープライズ向けの戦略の方向性について話を聞いた。

Microsoftのマーケティンググループで、クラウド&エンタープライズ担当コーポレートバイスプレジデントを務める沼本健氏
Microsoftのマーケティンググループで、クラウド&エンタープライズ担当コーポレートバイスプレジデントを務める沼本健氏

Nadella氏が最高経営責任者(CEO)に就任したことで、戦略の違いなど変化に気づくことは?

 私の場合は、以前からSatyaが直属の上司だったこともあり、個人としてはあまり変化を感じていません。ただし、外向きの話となると話は別です。1つは、「サービスは使ってもらってなんぼ」という意味で、「コンサンプション」という言葉を重視するようになってきています。

 例えば、現在はMicrosoft Azure上でOracle Databaseを導入できるようになっています。ある意味で、Oracleのリセラーという状態。同じことが、IBMに対しても言え、これは昔はあまりなかったものです。

DataStaxのCEO、Billy Bosworth氏
DataStaxのCEO、Billy Bosworth氏

 初日の基調講演に、DataStaxのCEOであるBilly Bosworth氏が登壇し、Microsoftとの協業について語りました。DataStaxと言えば、Apache Cassandraを扱うJavaベースのデータベースの企業です。そこにも表れています。現在、Azure上の仮想マシン(VM)の5個に1個はLinuxです。Dockerとも協業しています。

 ただし、コンテナサービスについては、Linux系のものをまずはサポートした上で、Microsoftで独自のサービス「Windows Server Container」を提供する予定があります。

オープンソースのクラウド基盤として、OpenStackへの関心も高まっています。OpenStackをけん引してきたRackSpaceも基調講演に登壇しました。その意味で、OpenStackへの取り組みも強化していくと考えられるでしょうか。

 OpenStackについては、メディアで取り上げられるほど、実例は多くないと認識しています。HPやCiscoなどそれぞれが取り組んでいますが、各システム間の互換性があるとは言えません。その意味で、OpenStackを一枚岩の技術とは思っていません。われわれは、オンプレミス、プライベートおよびパブリックのクラウドサービスを一貫して利用する世界の実現を目指し、「AzureStack」を発表しています。

今回のWPC 2015で注目している動きは?

 製品以外で、今回面白い発表をしました。Microsoft Cloud Solution Provider(CSP)プログラムです。まずはOffice 365からですが、Azure、Dyamamic CRM、Enterprise Mobility Suite(EMS)に広げます。CSPはつまり、パートナー企業がMicrosoftを気にせず、Azureなどを利用した自社サービスを構築し、直接顧客に販売できる取り組みです。

 例えばRackSpaceなら、われわれMicrosoftではなく、100%RackSpaceの顧客に顔を向けて、Azureなどを利用した自社サービスを展開できるのです。Microsoft以外の多くのクラウドサービスと一緒に販売してもらって構いません。

 今までまったくなかったわけではないのですが(富士通などは例外的に実施していた)、改めてこの動きに特別な投資を振り向けるということです。パートナー企業が、顧客と迷いなく向き合えるというのは大きな利点と考えています。Microsoftはあくまでも、パートナー中心の企業であることを示す取り組みとも言えるでしょう。

差別化について

 われわれとしては、「対AWS」といった考えではなく、いかにMicrosoft Cloudを包括的に展開するかに注力しています。ビジネスの現場にSaaSが浸透しつつある中、われわれはOffice 365やDynamics CRM Onlineを提供しています。

 それを支えるインフラを考える際に、既存のデータセンターを拡張するというより、増えた分のトラフィックをクラウドに流すようにすれば、キャパシティを動的にかつ無限に増やすことができます。

 機械学習の仕組みを使ったデータ系サービスやHadoopでも、クラウドならば、必要があれば1ノードずつではなく、「数ノードほしい」と言われた分だけ切り出すことができます。

 Microsoftとしては、Offie 365やAzure、Power BIといった魅力的なサービスを持ちながら、ユーザー企業にそれを生かしてもらうことも含めて、包括的にクラウド事業を展開していきます。

 昨年投入したEnterprise Mobility Suite(EMS)なども、クラウド活用と関わりをもつものです。EMSは2014年の5月まで製品自体がなかったのです。それが今では、7割以上の成長率で導入企業が3万社に、ユーザー数は7倍に増えています。

 ビジネスインテリジェンス(BI)のPower BIも、仕組みを含めて変わっていく例として挙げられます。従来のPower BIは、単純に表現するとExcelでやっていたことをシェアするといったイメージでした。今後は、文字通りBIのSaaSになっていきます。BIとして稼働するSaaSが、以前のオンプレミスにおけるデータベースと同様の意味で重要なデータソースになっていくのです。

 以前は、BIを導入するためにインフラを構築しなければなりませんでした。これからはインフラはクラウドとし、サービスとしてのBI提供にシフトしていきます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]