SAP、オンプレミス版「SAP S/4HANA」を30日間試用可能に--AWS経由で

Larry Dignan (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2015-07-29 10:15

 SAPは米国時間7月28日、オンプレミス版の「Business Suite 4 SAP HANA(SAP S/4HANA)」を30日間試用できるようにしたと発表した。ただし、試用するには「Amazon Web Services(AWS)」のアカウントが必要となる。

 SAPはライセンス販売からクラウドでのサービス提供に軸足を移してきている。同社は主要顧客の目をS/4HANAに向けさせる必要があるものの、顧客の多くはオンプレミスを主体としており、クラウドはさほど利用していない。なお、クラウド版のS/4HANAでは既に14日間の試用が可能になっている。

 また同社は、S/4HANAを試用してもらうことで、新たなユーザエクスペリエンスと「SAP HANA」プラットフォームの良さを知ってもらい、アップグレードに結びつける必要もある。30日間という試用期間を設けることで、ビジネスプロセスのワークフローと「SAP Fiori」インターフェースの概要も把握できるようになっている。

 さらにSAPは、クラウドやオンプレミス、ハイブリッドという形態での配備に向けたシナリオを提供している。同社は「SAP Activate」というサービスにより、自社ソフトウェアを容易に活用できるようにしようと取り組んでいる。

 SAPはオンプレミス版S/4HANAの試用に関する手順書の中で、AWSのアカウントとセキュリティ認証情報を取得している必要があると説明している。また試用する顧客は、AWSのインスタンス料金に加えて、データ転送とストレージのコストも支払う必要があるという。


手順書からの抜粋

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]