編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

サンディスクとNexenta、オープンソースのソフトウェア定義ストレージアレイを提供へ

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-09-03 12:07

 ストレージソリューションを手がけるSanDiskは米国時間9月2日、オープンソースのソフトウェア定義ストレージ分野におけるリーダー的存在であるNexenta Systemsとの協力を発表した。SanDiskはオープンソース技術とストレージの統合に注力しており、自社のオールフラッシュストレージ「InfiniFlash IF100」とNexentaの「NexentaStor」を組み合わせることで、その統合を加速させる考えだ。

 両社の製品を組み合わせたこの新しいオールフラッシュストレージによって、増えつつあるビッグデータという難問に取り組んでいるデータセンター向けに、機能一式を備えた高性能のシステムが提供される。ソフトウェアとハードウェアを一体化したこの製品は、64テラバイトから2ペタバイトまでのスケーラビリティを有している。

 この製品は、仮想化をはじめとして、ビッグデータのアナリティクスやデータウェアハウス、ダイナミックモデリングといった、幅広い配備シナリオとワークロードのサポートを目的として設計されている。

 Linux上で動作するこのストレージソリューションは、OracleのZFSをベースにしており、統合されたブロックサービス(FCとiSCSI)と統合されたファイルサービス(NFSとSMB)により、スケーラビリティの高いものとなっている。

 このオールフラッシュアーキテクチャは、Dellの「PowerEdge R730」やSupermicroの「SuperServer」での利用が実証済み。特定のチャネルパートナーを通じて提供される予定だ。パッケージのカタログ価格は、永続的なソフトウェアライセンス料金や、コントローラ、InfiniFlash、3年間のサポート、インストールを含んでおり、コンフィギュレーションと容量のニーズに基づいて決定され、1Gバイト(Raw)あたり1.5ドルからとなっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]