編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

HP、フラッシュストレージ「HP 3PAR StoreServ」に新モデル--低価格が武器

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-27 10:22

 Hewlett-Packard(HP)は米国時間8月26日、フラッシュ向けに最適化されたストレージシステム「HP 3PAR StoreServ」シリーズの拡充を発表した。

 今回の新製品は、大手のストレージ企業がハイブリッドデータセンターとともに、オールフラッシュストレージに力を注ぎつつあるなか登場したものだ。フラッシュストレージは通常の場合、大量データの高速処理やアナリティクスに用いられる。

 HPはフラッシュストレージシステム市場で、EMC、Pure Storage、NetApp、Dellなどあらゆる企業と戦っている。HPのストレージシステムは、そのアーキテクチャやデータサービス、コンバージドシステムで顧客を支援するものとなっている。


 新たに追加された製品には以下が含まれる。

  • 「HP 3PAR StoreServ 8000」:オールフラッシュアレイ製品。価格は1万9479ドルから。
  • 「HP 3PAR StoreServ 20800 All-Flash Starter Kit」:2台のコントローラノードと8台のドライブ、3年のサポートを含むオールフラッシュアレイ製品。価格は9万9995ドルから。
  • 「HP 3PAR StoreServ 20450」:オールフラッシュアレイ製品。価格は8万5167ドルから。
  • 「HP 3PAR Priority Optimization」:「HP 3PAR Data Optimization Suite」のコンポーネント。価格は1210ドルから。
  • 「HP 3PAR StoreServ 7000」や「HP 3PAR StoreServ 8000」向けの「HP Smart SAN 1.0」、および「Recovery Manager Central for VMware(RMC-V)1.2」といったストレージ関連ソフトウェア。
  •  HPは明らかに、価格を武器として、企業におけるオールフラッシュストレージの導入促進を目指している。同社の計画は、StoreServ 8000とともに20800 All-Flash Starter Kitを用いてシェアを増やし、事業を拡大するというものだ。

    この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]