編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

HP、フラッシュストレージ「HP 3PAR StoreServ」に新モデル--低価格が武器

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-27 10:22

 Hewlett-Packard(HP)は米国時間8月26日、フラッシュ向けに最適化されたストレージシステム「HP 3PAR StoreServ」シリーズの拡充を発表した。

 今回の新製品は、大手のストレージ企業がハイブリッドデータセンターとともに、オールフラッシュストレージに力を注ぎつつあるなか登場したものだ。フラッシュストレージは通常の場合、大量データの高速処理やアナリティクスに用いられる。

 HPはフラッシュストレージシステム市場で、EMC、Pure Storage、NetApp、Dellなどあらゆる企業と戦っている。HPのストレージシステムは、そのアーキテクチャやデータサービス、コンバージドシステムで顧客を支援するものとなっている。


 新たに追加された製品には以下が含まれる。

  • 「HP 3PAR StoreServ 8000」:オールフラッシュアレイ製品。価格は1万9479ドルから。
  • 「HP 3PAR StoreServ 20800 All-Flash Starter Kit」:2台のコントローラノードと8台のドライブ、3年のサポートを含むオールフラッシュアレイ製品。価格は9万9995ドルから。
  • 「HP 3PAR StoreServ 20450」:オールフラッシュアレイ製品。価格は8万5167ドルから。
  • 「HP 3PAR Priority Optimization」:「HP 3PAR Data Optimization Suite」のコンポーネント。価格は1210ドルから。
  • 「HP 3PAR StoreServ 7000」や「HP 3PAR StoreServ 8000」向けの「HP Smart SAN 1.0」、および「Recovery Manager Central for VMware(RMC-V)1.2」といったストレージ関連ソフトウェア。
  •  HPは明らかに、価格を武器として、企業におけるオールフラッシュストレージの導入促進を目指している。同社の計画は、StoreServ 8000とともに20800 All-Flash Starter Kitを用いてシェアを増やし、事業を拡大するというものだ。

    この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]