編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

マイクロソフト、Windows向けのテスト版パッチを一部で誤配信

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)

2015-10-01 10:16

 Microsoftは米国時間9月30日、未明に世界中の「Windows」マシンに配信された不審なアップデートが、単なるテスト版の誤配信だったことを明らかにした。

 Microsoftの広報担当者によると、同社は「テスト版のアップデートを誤って配信」し、削除しようとしているところだという。

 深刻度評価で「重要」とされていたこのパッチが登場したのは30日のことで、セキュリティの修正ではなく追加の言語アップデートとして表示されていた。

 Microsoftのサポートフォーラム内のスレッドによれば、このパッチのファイルサイズは4.3Mバイトだった。このパッチの名前や説明文には意味がわからないテキストが載っていたほか、「詳細情報」および「ヘルプとサポート」の部分にはアクセス不能なリンクが含まれていたという。

 このスレッドの閲覧回数は本稿執筆時点で1万7200回を超えていた。また、Twitter、さらにはHacker NewsRedditなどのメッセージボードで苦情を述べているユーザーも見受けられる。

 このパッチが配信されたのは個人向けの「Windows 7」搭載マシンとみられる。「Windows Server Update Services」(WSUS)を採用している企業ユーザーには影響がなかったようだ。

 ほとんどの場合、このパッチはインストールに失敗して終わる。だが、あるユーザーは、インストールに成功した後にノートPCの「様子がおかしく」なったと述べ、クラッシュを繰り返すようになり、「システムが死んでマシンがだめになった」と説明している。

 このパッチに何が含まれていたのか、またこのパッチがWindowsファイルに何らかの変更を加えていたか否かについては、今のところ不明だ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]