編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

40Gbpsを確認--レッドハットやブロケード、クラウド型NFVを共同検証

NO BUDGET

2015-10-21 08:00

 レッドハット、デル、インテル、ブロケードは10月20日、オープンソースソフトウェアのIaaS環境構築管理ソフト「OpenStack」を使用した、通信事業者やサービス事業者向けのクラウド型のネットワーク機能仮想化(Network Functions Virtualization:NFV)システム商用化に向けた共同検証を実施したと発表した。

 今回の検証では、1台のサーバに40インスタンスの仮想ルータ(virtualized Customer Premises Equipment:vCPE)を集約し、40Gbpsインターフェース最繁時の各インスタンスの通信性能を1Gbps均等に維持して、計40Gbpsの通信性能を達成したという。この結果から“クラウド型vCPE”を利用したNFVシステムとしては、業界に先駆けて高い水準の通信性能が実証されたと説明。サービス事業者での商用化に向けて大きな弾みとなったとしている。

 多くの企業では、各拠点に顧客構内設備(Customer Premises Equipment:CPE)と呼ばれるさまざまネットワーク機器を設置して、通信事業者やサービス事業者のネットワーク経由でWANを構成する必要がある。このため企業はCPEの管理やコストの面で大きな負担を強いられているという。

 こうした状況を改善するため、レッドハット、デル、インテル、ブロケードの4社は、デルが設立したオープン標準を利用した柔軟なクラウド環境を推進するコンソーシアム「Open Standard Cloud Association (OSCA)」を通じて検証した。

 共同実証実験は、ブロケード社内に設置されている「NEW IPラボ」で7月に実施。デルのx86サーバ「Dell PowerEdge R630」1台にOpenStackディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux Open Stack Platform 7」、ブロケードの仮想ルータ「Brocade 5600 vRouter」、インテルのデータプレーン開発キット(DPDK)などの製品技術を組み込んだ環境で実施されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]