海外コメンタリー

2016年はデータから得た知見が競争の鍵に

Brian Hopkins (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2016年01月02日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エンタープライズアーキテクトは、4人のうち3人が会社をデータ主導の組織にしようと取り組みを進めている。しかし、多くのテクノロジ担当マネージャーは問題の一部にしか対応していない。その一部とは、テクノロジを使って、より多くのデータから、より低コストでより素早く、より深い知見を得ることだ。しかし、自分の会社がアナリティクスの結果をビジネスの結果に結びつけることに成功していると考えるアーキテクトは、29%にすぎない。これはかなり大きなギャップだ。問題は、この「データ重視」という考え方が、テクノロジの範囲を超えるものになっておらず、企業が本当に重視するもの、つまり業績に結びついていないことだ。

 2016年には、顧客を重視する先進企業が競争状態を抜け出す。また、企業が売上の増加と顧客体験の変容を追求するようになるにつれて、状況の変化が見られるだろう。企業がビッグデータやデータを重視する考え方に基づく問題解決を行うようになるにつれて、データから得られた知見は、競争を有利に戦う上で重要な武器になるはずだ。

変化1:データとアナリティクスは、今後も漸進的な改善をもたらす

 2016年には引き続き、データ重視の投資がデータの重要性を引き上げ、事業成績を漸進的に改善していく。Forresterは、2016年には次のようなことが起こると予想している。

  • 当面の間、最高データ責任者(CDO)の権力、評判、プレゼンスが増す。ただし、この役職の長期的な重要性については明らかではない。一定の種類の企業(デジタルネイティブ企業など)では、CDOを任命してもメリットはない。
  • 機械学習が、知見を活用する妨げになっている要因である、時間との闘いで有利に働く。機械学習は、現在人間の手で行っているデータ処理や、データのガバナンスに関する煩雑な作業を肩代わりするようになる。専門家の手が空くことで、データ戦略の実施は加速する。
  • 企業はデータを売却しようとする。一部の企業は成功するが、大部分は失敗する。2016年には排気データから価値や収益を得ようとする企業の数が増える。期待に反して、多くの企業は個人情報保護や適切なビジネスモデル構築に関する複雑さを制御しきれず、これに失敗する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算