スパコンランキングTOP500発表、中国の「天河2号」が6回連続の首位に

ZDNet Japan Staff 2015年11月17日 12時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TOP500.orgが現地時間11月16日、第46回目のスーパーコンピュータランキング「TOP500」を発表した。

 TOP500はスパコンの処理性能を半年ごとに世界1位から500位までランキングする。今回も中国の“Milky Way-2”こと「Tianhe-2(天河二号)」が1位を堅守した。Tianhe-2は2013年から6回連続で首位を獲得している。

 Tianhe-2はLinpackベンチマークで33.86ペタフロップス(1ペタフロップスは毎秒1000兆回の浮動小数点演算を実行できる性能)を達成した。Intelをベースとした同システムは中国国防科学技術大学が開発し、国家スパコン広州センターに設置されている。

 2位は、米エネルギー省(DOE)のオークリッジ国立研究所にあるCray XK7システム「Titan」で、Linpackベンチマークは17.59ペタフロップス。

 このほか上位10には、DOEのIBM BlueGene/Qシステム「Sequoia」(Linpackベンチマークは17.1ペタフロップス:3位)、理研の富士通製「京」(Linpackベンチマークは10.51ペタフロップス:4位)、DOEのIBM BlueGene/Qシステム「Mira」(Linkpackベンチマークは8.58ペタフロップス:5位)など、前回と同じ顔ぶれが並ぶ。

 今回上位10に初登場となったのは2システム。DOEのCray XC40システム「Trinity」(Linpackベンチマークは8.1ペタフロップス:6位)と、ドイツのハイパフォーマンス計算センターにある、同じくCray XC40システム「Hazel Hen」(Linpackベンチマークは5.6ペタフロップス:8位)だ。

 Top500に占める中国のシステムの数は前回の37から今回は109と、3倍近くに増えた。米国のシステムは231から200に減り、史上最低レベルにあるという。日本は前回の40から36に減っている。欧州は前回の141から108に減り、前回の107から173に数を増やしたアジア勢に抜かれる結果となった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算