600のSaaS、PaaS/IaaSも提供--イベントに見るオラクルのクラウドへの本気度

大河原克行 2015年12月08日 18時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは12月8~9日の2日間、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪で「Oracle Cloud Days Tokyo」を開催した。「クラウドのチカラであなたの明日を変えていく」をテーマに、同社が掲げる「POCO(The Power Of Cloud by Oracle)」によるクラウド活用の提案やビジネス変革の実例などを紹介する。

 10月に米サンフランシスコで開催した「Oracle OpenWorld San Francisco 2015」(OOW 2015)で発表されたクラウドサービスやクラウド基盤などの幅広い製品群とセキュリティ、ビッグデータ、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)などの最先端テクノロジを紹介するイベントとなった。

2年間で2兆円の売上高が減少

 開催初日午前10時から行われた基調講演では、取締役代表執行役社長兼最高経営責任者(CEO)の杉原博茂氏が登壇。マツダやKDDIが、なぜオラクルのクラウドサービスを選択したのか、どのような導入効果が期待できるのかといったことを対談形式で浮き彫りにしていった。

 杉原氏は、最初にOOW 2015を報告した。141カ国から6万人が参加。サンフランシスコ市への経済効果は150億円に達したことを示しながら、「日本からは約500人が参加し、サッポロビール、KDDI、大和ハウスなどが具体的な事例を紹介。日本の企業の先進性を訴えることができた」と説明した。

 今回のCloud Days Tokyoでは1万人弱が登録し、5000~6000人が来場する見込みだという。

 杉原氏は、「伝統的なテックサプライヤーは、この2年間で約2兆円の売上高が減少している。かつて全盛だったミニコンを扱っていた企業は買収されたり倒産したりしている。EMCがDellに買収されるといった動きもある。EMCに長年いた私としては複雑な気持ちである」と状況を解説し、こう続けた。

 「米国では、1980年代~2000年代前半に生まれたミレニアム世代が2015年には8000万人となり、2020年には労働人口の50%を占めるようになる。日本ではゆとり世代にあたるが、これらは、デジタルネイティブの世代であり、スマホやインターネットが当たり前の世代である。一方で、日本では2020年には人口の3割近くが65歳以上となり、2020年までに250万人の人口減少が見込まれる。これは大阪市がひとつなくなるのと同じ。これからの日本は、ITを活用して生産性を高める必要がある」

2年間で2兆円の売上高が減少した
2年間で2兆円の売上高が減少した

 OOW 2015で米本社共同CEOのMark Hurd氏が打ち出した「VISON 2025」についても説明。そこに描かれた2025年の姿を紹介した。

 2025年には、アプリケーション製品の80%はクラウド環境で稼働。アプリケーションスイートの提供会社は2社で80%を占め、開発テスト環境は100%がクラウドになること、企業が取り扱うすべてのデータがクラウドに格納されること、そして、2025年にはエンタープライズクラウドは最も安全なIT環境となることなどを示した。

杉原博茂氏
日本オラクル 取締役 代表執行役社長兼CEO 杉原博茂氏

 杉原氏はまた「(米本社チェアマンで最高技術責任者=CTO)Larry Ellisonは、クラウドに対してコスト、信頼性、性能、業界標準、互換性、セキュリティという6つの観点からコミットした。これはメインフレーム時代から求められていた要件と同じである。特にOracleが重視しているのがセキュリティ。日本は、サイバー攻撃の対象国として米国に次いで2番目になったともいわれている。クラウド環境で安全、安心が担保できるということは大切である」と主張した。

 「Oracleには、クラウドに600近いアプリケーションがある。これは10年をかけてコーディングし直してきたものである。SaaSだけでなく、PaaS、IaaSのすべてを提供できる企業。同時に、オンプレミスとクラウドの両方を同じアーキテクチャ、標準技術、製品、スキルで提供できる。これは、チップからアプリ、クラウドまでを提供するモノづくりの会社であるからこそ実現できるものである」

 さらに、杉原氏はオラクルのクラウドサービスを導入している企業のロゴを表示しながら、かつて自らが在籍していたHewlett-Packardのロゴを見つけて「Hewlett-PackardもOracleのユーザーである」としながら、こう強調した。

 「Oracleはクラウドで遅れているといわれるが、クラウドで急成長している企業である。全世界の導入企業数は、Oracle ERPは1300社、Oracle HCMでは5000社。そして、Oracle CRMは5000社に達し、Salesforce.comに次いで2位の実績を持つ。日本でもハイテク、メディア、食品飲料、小売流通、医薬製薬、製造、サービス業などありとあらゆるところで採用されている」(杉原氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]