編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
調査

旧バージョンの「IE」はどれほど使われている?--サポート終了迫る - (page 2)

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2015-12-24 06:30

 さらに興味深い疑問は、Microsoftのブラウザを選んだ人は、いったいどのバージョンを使っているのかということだ。その結果は次の通りだ。


 最新バージョンのMicrosoftのブラウザ(Windows 7以降ではInternet Explorer 11、Windows 10の場合にはEdgeが含まれる)を使っている人の割合は、どの数字を採用するかによって、少なくとも50%以上、最大では3分の2程度ということになる。

 リリースからわずか4カ月のMicrosoft Edgeが、実際にこれだけ使われていることには驚いた。StatCounterとDAPの数字によれば、Edgeのシェアは6.3~6.6%であり、これはWindows 10のマシンのうち4台に1台前後にあたる。(Net Market Shareの数字は、不自然に高すぎるInternet Explorer 8の数字を除いて、すべてのバージョンで小さい。調査によって数字に違いがあることを念頭に置いて解釈してほしい)。

 では、古いバージョンを使っている人はどれだけいるのだろうか。グループごとに見ていこう。

 Internet Explorer 10:3つの情報源の数字が珍しく一致しており、このバージョンは全体の9.2~9.3%を占める。このリリースが動作するWindowsのバージョンは2つだけだ。Windows 7では、Internet Explorer 11に簡単にアップグレードできる。このバージョンがデフォルトになっているWindows 8では、サポート対象のMicrosoft製ブラウザを入手するには、OSをWindows 8.1かWindows 10にアップグレードする必要がある。どちらにせよ、このグループに属するユーザーは、なるべく早くアップグレードすべきだ。

 Internet Explorer 9:驚くべきことに、今でもWindows Vistaに100%満足している人たちが存在する。多くはないが、無視できない数のデバイス(全Windows PCの約2%)でVistaが動いている。IE 9はVistaで利用できる最後のサポート対象バージョンのInternet Explorerであり、今後1年間はセキュリティアップデートが提供される。大きな問題は、Vistaそのものが2017年4月11日でサポートが終了するということだ。

 Internet Explorer 8:このバージョンでも、3つの調査の数字が大きく異なっている。ウェブトラフィックのうち、5.8~23.5%が、このバージョンからのものだ。このバージョンはWindows XPで動作する最後のInternet Explorerであり、これが統計の大部分を占めているとみられる。また、Windows 7を使用している企業で、基幹業務アプリケーションがInternet Explorer 8にしか対応していないという場合もある。そのような企業のITプロフェッショナルは、まさしくこの目的のために作られたInternet Explorer 11の「エンタープライズモード」をセットアップすべきだろう。

 Internet Explorer 7以前:2015年にこれらのバージョンのInternet Explorerを使用していたという人は、率直に言ってIT管理に深刻な問題を抱えている。だが、使用しているOSがWindows 7であれば、Internet Explorer 11に移行する(そして必要ならエンタープライズモードを使用する)のには遅くない。

 これらを総合すると、2016年1月には全Internet Explorerユーザーの25%以上が最後のセキュリティアップデートを受け取ることになる。この数字は、VistaのPCが使われなくなり、Windows 8のPCがアップグレードされるに従って小さくなっていくはずだ。しかし、サポートが切れたバージョンのInternet Explorerを使い続ける企業は、おそらく手痛い問題に遭遇することになるだろう。

 拡張機能がサポートされるまでは(特に必要性が高いのは広告ブロックとパスワードマネージャだ)、ブラウザを使うことが多い人にとって、Edgeは十分な選択肢にはならない。Edgeの拡張機能のサポートは2016年中になる予定であり、今後数年間でWindows 10を10億台のデバイスに普及させるためには、この機能は重要なポイントになるかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]