編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

AVGの「Web TuneUp」に不具合--「Chrome」の閲覧履歴が漏えいの可能性

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2015-12-31 11:38

 オランダに本社を置くアンチウイルスソフトメーカーAVGが提供する、「Google Chrome」ブラウザ用アドオン「Web TuneUp」に不具合が見つかった。Web TuneUpはネット上の危険なサイトからユーザーを保護することをうたった製品だったが、ユーザーのブラウジング履歴やその他の個人的な情報が危険にさらされ、方法を知るハッカーであれば入手可能な状態にあったことが分かった。

 不具合はすでに修正されているが、同ソフトウェアを利用する900万人のうち何人分の情報が盗み出された可能性があるかは明らかになっていない。

 AVGは脆弱性を認め、緊急のフィックスを作成したことを明らかにした。同社でセキュリティ管理にあたるTony Anscombe氏は「問題に気づいてから、フィックスを公開することを最優先に取り組んできた」と述べ、同社の中核的なアンチウイルスソフトウェアは問題の影響を受けないとした。また、同社ではソフトウェアの安全性を確保するプロセスを見直しているという。

 AVGは、Googleのセキュリティ研究者が問題を報告してから数日以内に対処し、クリスマス前にソフトウエアアップデートを公開していたようだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]