編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

運用コストの高さが分析サービスをリプレースする原因--ITR

NO BUDGET

2016-01-07 07:00

 ITRは1月6日、ビジネスインテリジェンス(BI)などデータ/レポーティング分析市場の調査結果を発表した。リプレース予定時期とリプレースを予定または検討する理由について、6割近い企業がリプレースを検討しており、その理由は「運用コストが高い」がトップだった。

 現在利用しているデータ分析/レポーティング製品/サービスに対して、リプレースの予定についての選択肢から回答を得た。リプレースの予定時期では、2015年度または2016年度にリプレースを予定しているところが36.1%と高く、中長期的なリプレース予定/検討中も含めると6割近い企業がリプレースを検討しているという結果が出た。

製品/サービスのリプレース予定時期:データ分析/レポーティング(ITR提供)
製品/サービスのリプレース予定時期:データ分析/レポーティング(ITR提供)

 データ分析/レポーティング製品のリプレースを予定または検討する理由としては、「運用コストが高い」が26.2%でトップとなり、「ベンダーのサポートが悪い」「操作性が悪い」が続く。

製品/サービスのリプレースを予定または検討する理由:データ分析/レポーティング(ITR)
製品/サービスのリプレースを予定または検討する理由:データ分析/レポーティング(ITR提供)

 同社によると、多くの企業がリプレースを検討している背景には、「Tableau」や「Qlik Sense」など視覚化と操作の簡便化に効果があるとされ、比較的安価に導入できる製品の台頭があるという。これらは、従来の分析の専門家だけでなく一般の従業員でも利用できるよう操作性の向上を図った製品で、他のベンダーからも追随する製品の投入が続いている。

 また、データのクラウドへの移行拡大により、データ分析/レポーティングのSaaSでの利用が進みつつあることもリプレース検討の要因となっているとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]