編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

住友林業、住宅仕様データ分析とアフターメンテナンスのサービス分析を強化

NO BUDGET

2016-01-08 18:50

 住友林業は、BI製品によるデータ分析プラットフォームを構築。販売した注文住宅に関する仕様やメンテナンス履歴などの情報をユーザー部門が自由に入手できるようにした。導入を支援したアシストと、製品を提供したクリックテック・ジャパンが1月7日、発表した。

 住友林業は、国内トップシェアの木材・建材商社。年間約1万棟の木造注文住宅を販売する住宅事業でもある。

 注文住宅の提供にあたっては、住宅仕様データとして、柱や梁などの建材、キッチンやバスなどの設備、デザインや施工法、住宅引き渡し後のメンテナンス履歴データなど、1棟につき数千件のデータを社内で蓄積している。

 これまでも同社では参照用データベースを構築してユーザー部門に公開していたが一部のデータに限られ、膨大なデータ量に及ぶ仕様や部材の納品状況、メンテナンス履歴に関する部分については公開できていなかった。

 そのため、資材部門が設備・仕様の分析や品質保証部門がアフターメンテナンスサービスの状況を把握するためには、その度、グループ内の情報システム会社にデータの検索や加工を依頼する必要があったという。

 その結果、データ抽出や加工にかかる費用や開発工数の増大化、情報提供までのリードタイムの長期化、さらに使用していたデータ検索ツールで扱えるデータ件数に制限があるなど、ユーザー部門が必要とするすべてのデータを提供できないという点が課題になっていた。

 同社ではこれらの課題を解決するため、ユーザー部門が必要なデータを必要なタイミングで自ら検索し、データ分析できる環境を整えることを目指して、2014年12月にクリックテックの連想型高速インメモリBIプラットフォーム「QlikView」導入を決定した。

 アシストは、住友林業におけるQlikViewの導入に向けた分析画面の作成支援をはじめ、フィールドサポートやサポートサービスを提供し、住友林業のデータ活用の取り組みを支援した。

 QlikViewで構築したデータ分析プラットフォームは、資材部門、品質保証部門、コールセンター等で活用され、部材やCADデータから、受発注履歴や補修などのアフターメンテナンスに至るまで、幅広い業務のデータ抽出や集計、分析業務に役立てられている。

 現在までのQlikViewの適用業務とその効果は下記の通り。

  • 入手までに数日間を要していた住宅仕様データを、必要なタイミングで、ユーザー自身の操作で即座に入手できるようになったため、業務効率が格段に向上した。
  • 取り扱えるデータ件数の上限がなくなり、大量の住宅仕様データを扱えるようになった。しかも、大量のデータを高速レスポンスかつ簡単な操作で扱えるため、参照したい住宅の詳細データに素早くアクセスできるようになった。
  • 複数のツールやウィンドウを駆使して行っていた作業(例:Accessの検索結果をExcelで加工するなど)が、QlikViewの1つのウィンドウだけで行え、分析軸の入れ替えも簡単かつ迅速にできるようになり、データ分析の効率が格段に向上した。データ量の増加とともに将来発生すると予想される懸念事項を先行して解消することができた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]