編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

IIJと日立金属、SDN関連の協力関係を拡大

NO BUDGET

2016-01-13 07:00

 IIJと日立金属は1月12日、SDN(Software-Defined Networking)技術を活用した企業向けネットワークソリューションの分野へ技術協力を発展させることで合意したと発表した。両社は今後、IIJが開発したSDNコントローラと日立金属のイーサネットスイッチ製品を連携させたソリューションの開発、双方の製品やサービスの再販を通じて、新たな市場開拓を進めていくとしている。

 IIJと日立金属(旧日立電線)は、2013年よりSDNを使った広域ネットワーク「SDN-WAN」の分野で共同技術検討を行ってきた。

 今回の合意は、その適用分野を企業内LANの領域に広げるもので、両社の製品および技術的知見を応用した新たなSDNソリューションの開発で連携を強化し、企業ネットワークの仮想化ニーズに応えていくという。


検討例(IIJ提供)

 主な取り組みの内容は以下の通り。

  • IIJのSDNコントローラ「OmniWarp」と日立金属のスイッチ製品「APRESIAシリーズ」の相互接続試験など、商用化に向けた技術検証の実施
  • IIJのクラウド型NFV(Network Functions Virtualization)サービス「IIJ Omnibus(オムニバス)サービス」と「APRESIAシリーズ」を連携させたネットワークソリューションの開発
  • 双方の製品、サービスの再販、及び両社の製品を組み合わせたSDNソリューションの提案

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]