編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
調査

世界PC出荷台数、2015年第4四半期も引き続き減少

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2016-01-14 07:57

 IDCとGartnerによると、タブレットやスマートフォンを選択する消費者が増加するのに伴い、世界のPC出荷台数は2015年第4四半期も引き続き減少したという。PCに対する消費者の関心は非常に低く、IDCによると、2015年の出荷台数は2008年以降最低だったという。

 携帯端末の方がソーシャルサイトに動画や写真を簡単に投稿するできることに加えて、タッチスクリーンや取り外し可能なキーボードといったさまざまなハードウェアオプションが、消費者のPC購入を躊躇させる要因となっている。インターネットに接続されたウォッチやヘルストラッカーなどのウェアラブル端末も、クリスマスシーズンの購入品として消費者の人気を集めた。

 Gartnerの主席アナリストを務める北川美佳子氏は声明で、「ノートPCは、クリスマスに欲しいもののリストには入っていなかった」と述べた。「消費者の関心は、テレビやウェアラブルといった他の電子機器に移っていた」(北川氏)

 Gartnerは米国時間1月12日に発行したレポートで、第4四半期の世界PC出荷台数が前年同期比8.3%減の7570万台だったと推測する。一方のIDCは、同四半期のPC出荷台数が10.6%減の7190万台だったと報告している。

 全般的に低調だった中で、Appleは販売数を増やし、世界PC市場におけるシェアを同四半期で7.9%、年間では7.5%にまで増加させたとIDCは述べている。IDCによると、Appleの第4四半期PC出荷台数は、3%近く増加して570万台だったという。

 Appleの「MacBook」と「iMac」が成功を収めたことは、「高額であってもユーザーエクスペリエンスを重視する革新的なシステムに対しては、まだ高い需要がある」ことを示しているとIDCの調査マネージャーを務めるJay Chou氏はプレスリリースで述べた。

 米国のトップPCメーカーがHPとDellであることに変わりはないが、IDCとGartnerのレポートからは、2004年にIBMのコンピュータ事業を買収した中国メーカーのLenovoも、米国でのシェアを大きく伸ばしていることが分かる。世界では既にトップのPCメーカーであるレノボは、Gartnerによると、米国における第4四半期出荷台数を前年同期比21%増の210万台にまで大きく増加させている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]