調査

サイバー攻撃を認識するまで平均2カ月かかる--CIO意識調査

Danny Palmer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年02月29日 09時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 企業や組織の多くがサイバー攻撃から自社のデータを保護するにあたって、前もった対策を取れずにいる。ほとんどが攻撃が起こって初めて対応しており、場合によってはインシデントが起こったことを6カ月後にようやく把握するということもあるようだ。

 これは、エンドポイントソフトウェアのCarbon Blackが最高情報責任者(CIO)を対象に行った調査の結果だ。この結果からは、セキュリティの脅威に先んじて予防、検出、対応することの必要性と、インシデントがどのように発見、解決されているのかの現実の間に大きなギャップがあるといえる。

 CIOの85%が、自社のサイバーセキュリティ対策は先んじたものというよりも、事が起こった後の事後的なものだと認めた。データ侵害が起こってはじめて適切な防御対策を講じているという。

 だが心配な点がある。悪意ある攻撃が起きた後に事後処理をしなければならないとして、どのシステムとデータが影響を受けるのか、どのような状態なのかを発生から24時間以内に把握できると100%確信しているCIOは半分にとどまっているのだ。

 調査によると、侵害が発生してからそれを理解するまで、平均して丸2カ月を要しているという。

 「データが侵害された時に、実際に起こったことを理解するまで時間がかかることを心配しているか。さらにひどい事態として、侵害が起こったことに気がつかないのではと心配しているか」という問いに対し、4分の1のCIOが、侵害が発生したら、それを検出するまで1~2週間かかることを懸念していると回答した。

 また「最大1カ月を要する」と回答したCIOは15%、「最大3カ月」は18%だった。さらには、「最大半年」という回答は14%を占めた。その頃には攻撃による被害は深刻になっているはずだ。

 Carbon Blackの共同設立者、Ben Johnson氏は、企業はサイバー攻撃に対するイニシアチブを展開するのではなく、ただ座って攻撃が起こるのを待っているのなら、危険な状態に身を置くことになると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算