編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ALSOKとNEC、最新テクノロジを利用した警備の提供に向け協業

NO BUDGET

2016-03-09 07:00

 綜合警備保障(ALSOK)とNECは3月8日、警備サービスと先進のICTを組み合わせ、相互に協力して国内外に展開可能な新しいスタイルのサービス提供を目指し、協業したと発表した。

 両社では、これまでにもさまざまな社会課題の解決に取り組むため、大型のオフィス商業ビルや大規模イベントでの実証実験を通じて、警備サービスの生産性向上および品質向上に関する検討してきた。これまでの実証結果を踏まえ、価値ある新たなサービスの提供を目指してより深い検討のため、両社で協業することに合意したという。

 この協業ではまず、ALSOKがこれまで推進してきた「ALSOKゾーンセキュリティマネジメント(ZSM)」をAIなどNECの先進技術と組み合わせることで具体化し、高品質な警備およびコスト最適化を実現する新たな警備サービスの提供に取組んでいく。

ZSMの概要(NEC提供)
ZSMの概要(NEC提供)

 さらに、ZSMの提供によって得られる知見・データを蓄積、知識化(ナレッジ化)し、新たな警備サービスの根幹となるプロセス、すなわち「情報収集、判別・識別、予測・判断、実行・対処」の継続的な進化を図る。

 そして、さまざまな社会課題やリスクに的確かつ多面的に応えるサービス基盤を構築し、2020年とその先を見据えた安全・安心な社会づくりに貢献していく。

両社が目指すZSMのグランドデザイン(NEC提供)
両社が目指すZSMのグランドデザイン(NEC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]