編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

クアルコム、「Snapdragon VR SDK」発表--Snapdragon 820対応VRアプリを開発可能に

Jake Smith (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-03-15 13:26

 Qualcommは米国時間3月14日、「Snapdragon VR SDK(ソフトウェア開発キット)」を発表した。開発者に向けて、仮想現実(VR)体験をサポートするモバイルプロセッサ「Snapdragon 820」対応のアプリを作成するためのツールを提供する。

 同SDKは次の技術をサポートする。

  • DSPセンサフュージョン:このSDKはSnapdragon 820に組み込まれた機能を全面的に活用することで、開発者がより応答性と没入感の高い体験を作り出すことを可能にする。そのために、ジャイロスコープや加速度計から「Snapdragon Sensor Core」経由で得られた高周波慣性データと、「Qualcomm Hexagon DSP」によるヘッドポジションの予測処理とを適切に組み合わせる機能に容易にアクセスできるようになっている。
  • 高速なMotion to Photon:シングルバッファのレンダリングによる非同期タイムワープをサポート。これにより、3D空間におけるレンダリング画像の高速変換を可能にし、SDK未使用時と比べ、遅延を最大50%低減できる。
  • レンズ補正による立体的なレンダリング:色補正やバレル歪みを持つ3D両眼視をサポート。これにより、グラフィックスとビデオの表示品位を向上し、全体的なVR体験をより高度なものにする。
  • VRレイヤリング:メニュー、テキスト、その他のオーバーレイを生成し、それらがバーチャルな世界で正しくレンダリングされるようにし、読み取りを困難にするような歪みを低減する。
  • 電力管理:QualcommのSymphony System Manager SDKと統合され、関連するCPU、GPU、DSPの消費電力およびパフォーマンス管理を提供する。これにより、低消費電力で発熱が制限されたデバイス上で実行されるVRアプリケーション向けにフレームレートの安定をもたらし、SDK未使用時に比べて消費電力効率を向上させる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]