編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

アマゾン、地図事業「HERE」への出資で自動車メーカーと交渉中か

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2016-04-01 11:48

 Amazonは、ドイツの自動車メーカーのコンソーシアムから地図事業「HERE」の株式を取得するために交渉中だという。Reutersが報じた。

 「今回の交渉に詳しい」ある情報筋はReutersの取材に対して、「Amazonは、さらに大きな契約の一部として株式を取得し、クラウドコンピューティングサービスの提供者として加わることになる」と述べた。

 Amazonが求めている株式の数量かは不明だ。HEREはクラウドベースに軸足を移しており、AmazonはAppleのような巨大企業向けのクラウドインフラに関わっているため、車載ナビゲーションシステム用データを提供するのにうってつけの候補と考えられる。

 今回の報道が正しければ、Amazonは、2015年に28億ドルでHEREを買収したBMW、Audi、Mercedesの3社とともに、HEREの株式を保有することになる。

 BMWは、「新しく株主となったAudi、Daimler(Mercedes)、BMWは当初から、新たなパートナーの参加に門戸を開いていると述べていた。自動車業界内だけでなく、ほかの業界からもパートナーを募れば大きなメリットが見込めると気付いていた」とコメントした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]