サッカー場やプール、保育所も完備のSAS本社に潜入--プライベートジェットも

藤本和彦 (編集部) 2016年04月23日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 統計解析ツールのソフトウェア企業であるSAS Instituteは、米ビジネス誌『Fortune』が発表する“最も働きがいのある企業”で毎年上位にランクインするなど、従業員の働きやすさでも高く評価されている。

 米国ノースカロライナ州キャリーにある本社は、東京ドーム78個分に相当する900エーカーの広大な敷地面積を有している。現在使っている土地はその3分の1にあたる300エーカーほどで、20棟以上の建物が建っている。

 キャリーキャンパスには5000人超の従業員が勤務している。M&Mチョコレートの消費量は年間2万3000ポンド(1万kg超)に及ぶという。

 オフィスビルだけでなく、トレーニングジムやスイミングプール、サッカー場、バスケットコートなどもある。保育所や学校、理髪店、ネイルサロンなども完備している。キャンパス内をジョギングする従業員も多く見られた。

 こうした福利厚生の充実は、従業員の勤続年数に現れている。米国平均が4.4年であるのに対して、SASは11年と倍以上の開きがあるという。

 太陽光発電の活用や建築資材の再利用を徹底するなど環境にも配慮している。SASではグリーンビルディングの認証プログラム「LEED(Leadership in Energy & Environmental Design)」認証を9つの建物で取得しており、そのうちの6つがキャリーキャンパス内にある。

 共同創業者で最高経営責任者(CEO)のJim Goodnight氏が収集した美術品や天然石、オブジェなどもキャンパス内やオフィス内の飾られている。

 今回はキャリーキャンパスのごく一部を紹介する。

ノースカロライナ州キャリーにあるSAS Institute本社のロゴ

ノースカロライナ州キャリーにあるSAS Institute本社のロゴ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算