調査

IT担当者のストレスが減少傾向、その要因は?--人材サービス企業調査

Joe McKendrick (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年05月31日 10時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 システムダウンやバグの多いリリースなど、ITプロフェッショナルやマネージャーの仕事はストレスと無縁ではない。だが全体として、IT担当者は自分たちの仕事はストレスよりも満足の方が多いと感じており、満足度はますます高くなっているようだ。

 これは、IT人材サービスTEKsystemsの調査で得られた結果だ。調査の結果は、ストレスのレベルは適正だが、現在の役割と責任範囲に対する満足度レベルは下がったことを示している。

 初級から中級レベルのITプロフェッショナルのうち、自分の仕事はこれまでのキャリアの中で「もっともストレスが多い」と回答した人は14%いた。これは2年前の30%から下がった格好だ。同様に、上級レベルのITプロフェッショナルの18%は現在の仕事にストレスが多いと感じているが、こちらも2014年の32%から減少している。

 それでも多くがIT職を選ぶと回答しているが、自分のキャリアの中で「もっとも満足が高い」と考えている人は半分を下回った。初級から中級と上級のシニアレベルとの間に相違も見られた。初級から中級のプロフェッショナルの場合、満足度は2014年の39%から2016年は48%に上がったが、シニアレベルでは42%から38%に下がっている。

 何が起こっているのか?TEKsystemsのリサーチマネージャーJason Hayman氏が仮説を立てている。ストレスレベルの低下は、エンタープライズ技術のコンシューマー化が進んだことや仕事の負荷が減ったことの結果だという。「ITは中核のITプログラムのメンテナンスにフォーカスしており、適切な人員レベルや新しいLOB向けITプログラムの分散化、アウトソース、BYODといった全体のトレンドが、作業負荷のレベルを適切な状態にすることにつながっている」とHayman氏は指摘している。

 他の要素もありそうだ。ビジネス側がハイテクに精通してきており、自分たちの問題を解決したり、機会を追求するにあたってこれまでよりもIT主導のアプローチに関心を示している。ITプロフェッショナルの仕事も進化しており、ビジネスの知識が求められている。ITプロフェッショナルはこれまでよりも高レベルの懸念に対応しており、ビジネス側のコンサルタントとしての役割をとることもある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算