編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

ジェイピー・セキュア、ホスト型WAF最新版「SiteGuard Lite Ver3.00」を提供

NO BUDGET

2016-06-13 14:28

 ジェイピー・セキュアは6月9日、ホスト型ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の最新版「SiteGuard Lite Ver3.00」をリリースした。統計情報やレポート出力の機能強化、アップグレード手順の簡略化など、運用管理機能を大幅に強化している。

 SiteGuard Liteは、ウェブサイトの脆弱性を利用した攻撃から防御するための対策ツールとして、大手金融機関から個人向けレンタルサーバまで100万超(保護対象サイト数ベース)のサイトに利用されているという。

 主な特徴は以下の通り。

  • トラステッド・シグネチャをベースとしたブラックリスト型の防御機能を搭載
  • Webサーバのモジュールとして動作し、ネットワーク構成に影響を与えない
  • WordPressの日本語セキュリティプラグインを提供
  • シンプル設計、直感的な管理インターフェース
  • 完全国産、完全日本語対応、国内クローズのサポート対応
  • 各種OSに対応

 新バージョンでの改良点は以下の通り。

管理画面を刷新

 ホーム画面の統計情報を機能強化し、PDFによるレポート出力に対応したほか、シグネチャ更新や設定変更時の確認ダイアログ表示など、利便性を向上させた。

ジェイピー・セキュア
(ジェイピー・セキュア提供)
管理画面およびレポート出力例
管理画面とレポート出力例(ジェイピー・セキュア提供)

アップグレード手順の簡略化

 パッケージの上書きインストールだけでアップグレード可能となり、アンインストール、再セットアップの手順が不要になった。

「.htaccess」による設定項目の追加

 Apacheのディレクティブで設定する項目について、検査の有効/無効を「.htaccess」で指定する項目を追加した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]