編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

アップル開発者会議「WWDC 2016」--企業ユーザーにとってのポイントは?

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 編集部

2016-06-14 11:10

UPDATE Appleの開発者向けカンファレンス「Worldwide Developers Conference(WWDC)2016」が米国時間6月13日、サンフランシスコで開幕した。イベントでは、Appleのエコシステムの開発者に向けてさまざまなアップデートが発表され、エンタープライズ関係者にとって関わりのある内容も含まれていた。

 イベントでは、Appleの「watchOS」「tvOS」「macOS」「iOS」に関する発表があった。生産性やコラボレーションといった観点から、ビジネスユーザーは今回発表された内容のインパクトを感じるだろう。では、アップデートの内容をwatchOSから見てゆこう。

アップルの開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)の様子
提供:Tyler Lizenby/CNET

watchOS 3

 「watchOS 3」ではお気に入りのアプリをメモリ内に常駐させておけるようになる。これにより、バックグラウンドでのデータの更新が可能になり、いつでも最新の情報が得られるようになる。

 この「Instant Launch」機能によって、アプリをロードするという手間をかけずに済むようになる。また、新たな「Dock」機能により、竜頭の下にあるサイドボタンを押して起動するアプリを指定できるようになる。これらのアプリは高い視認性を持っているため、アプリを実際にオープンしなくともひと目で重要な情報を把握できる。

 iOSと同様に、画面を下から上に向かってスワイプすることでコントロールセンターを表示できる。メッセージに返信する際には、音声や絵文字といった手段を選択したり、画面を下にスクロールすればスマートリプライ機能を使用できる。「Scribble」という新機能によって、手書きした文字を認識させ、返信することも可能になる。なお、Scribble機能は英語と中国語に対応している。

 アプリもワンタッチでアクセスできるように再設計されており、「Apple Pay」もサポートされるようになる。また、出張先で緊急通報が必要な状況に遭遇しても、「SOS」機能を使うことで警察などに緊急電話をかけたり、緊急連絡先に通知やGPS情報を送信できる。SOS機能はさまざまな国で利用可能だ。

 watchOS 3の開発者向けプレビュー版は即日、提供が開始された。

tvOS

 Appleは2015年秋に「Apple TV」をアップデートしたばかりであるため、新たに発表された機能がそれほど多くないのも当然だろう。それでも、「Siri Remote」のすべての機能を「iPhone」上でも利用可能にする、Apple TV用のリモコンアプリ「Remote」の新バージョンが発表された。

 これにより、「Siri」の音声検索機能を使って「YouTube」や映画をジャンルごとに検索できるようになる。

 また、新たなシングルサインオン機能により、認証操作を1度行うだけで、さまざまなアプリやサービスそれぞれで認証を行わずとも済むようになる。なお、この機能もiOS上で利用可能だ。さらに「tvOS」では、背景色を暗めにするダークモードというテーマが追加されるともに、他のデバイスでダウンロードしたアプリが自動的にダウンロードされるようにもなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]