海外コメンタリー

テクノロジ企業にはびこる「女性デジタルアシスタント」に異議あり

Adrian Kingsley-Hughes (ZDNet.com) 翻訳校正: 沙倉芽生 2016年04月30日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Alexa」「Tay」「Siri」「Cortana」「Xiaoice」「Google Now」といったテクノロジに共通していることがある。これらは一般向けのデジタルアシスタントだが、すべて「女性」の声やペルソナを採用しているという点だ。

 ちょっと気持ち悪いと感じるのは私だけだろうか。


Microsoftの「Cortana」は、ビデオゲームシリーズ「Halo」に登場する人工知能のキャラクターにちなんで名付けられた。

 私が「女性」という言葉をカギ括弧に入れて使っているのも、かなり意図的である。こうしたテクノロジソリューションをどのように見せようとしているのか、またTayやXiaoiceに至ってはどのようにふるまわせようとしているのか知らないが、これらのデジタルキャラクターは女性ではない。すべて偽物なのだ。上っ面だけのフィクションと言っていい。

 彼女らは、女性でもなければ人間でもない。単なるコードであり、女性のようにふるまうようプログラムされているだけだ。

 注釈: 英国など一部地域では、Siriのデフォルト設定は男性である。

 この事実に私はとても違和感を感じる。テクノロジ企業で働く従業員の男女比には大きな差があり、こうした企業が皆デジタルアシスタントやチャットボットを「女性」にしようと考えたのだから。

 Microsoft、Google、Apple、Amazonが公開している2015年の技術系従業員の男女比は、以下の通りだ(Amazonのみ内訳を公開していないため、会社全体での比率)。

  • Microsoft: 男性83.0% | 女性16.9%
  • Google: 男性82.0% | 女性18.0%
  • Apple: 男性79.0% | 女性22.0%
  • Amazon: 男性61.0% | 女性39.0%

 つまり、われわれは「女性」のペルソナを持つようプログラムされたコードを利用しているが、そのコードは男性が大半を占める企業から提供されているのだ。

 これは、われわれが日々接しているデジタルアシスタントの声やペルソナが偏っているという事実だけでなく、男性の好みを象徴していると言える。Appleは、妊娠中絶に対するSiriの回答を修正するのに4年以上かかったが、今でもSiriで売春婦やバイアグラの検索は問題なく行えるようになっている。

 AppleはSiriを宣伝する際、この事実には触れていない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算