編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

沖縄銀行、渉外融資担当者のタブレットに顔認証セキュリティソフトを採用

NO BUDGET

2016-06-20 13:26

 沖縄銀行は、顧客のライフプランのコンサルティングや住宅ローンなどのローンシミュレーションを行うために渉外と融資担当者が利用する、Windowsタブレット約750台のセキュリティ強化を目的として、顔認証セキュリティソフトウェアを採用した。NECが6月17日に発表した。

沖縄銀行
沖縄銀行

 採用されたのはNECの「NeoFace Monitor V2」。顔認証エンジンを活用して開発されたセキュリティソフトウェアで、PCやタブレットへの顔認証による高精度かつ高速なログオンを可能にする。

 沖縄銀行では、なりすましなどの不正利用を防止し、情報漏えいのリスクを低減する。また、行員はタブレットの内蔵カメラに顔を向けるだけで瞬時にログオンできるため、外出先においても高い利便性とセキュリティを両立する。

「NeoFace Monitor V2」の利用イメージ
「NeoFace Monitor V2」の利用イメージ(NEC提供)

 ICカードやパスワードによる認証方法と違って、顔認証は盗難や紛失のリスクが少なく、なりすましなどの不正利用を防ぐ。また、いつ誰がアクセスしたという利用履歴が顔画像を含めて残るため、不正利用への心理的な抑止効果も期待できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]