クラウドの互換性問題を解決するライブラリ「Apache Libcloud」がバージョン1.0に

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2016年06月24日 16時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 互換性は、以前からクラウドサービスが抱えるもっとも大きな問題の1つだった。Apache Software Foundation(ASF)は、クラウドサービス互換ライブラリである「Apache Libcloud v1.0」をリリースすることによって、この問題を解決しようとしている。

Apatche Libcloud 1.0リリース

 耳にしたことがない人も多いだろうが、Libcloudには長い歴史がある。このライブラリは2009年に生まれた。このコードはPythonのライブラリで、さまざまなクラウドプロバイダーのアプリケーションプログラミングインターフェース(API)の間に存在する差異を隠蔽してくれるものだ。開発者やシステム管理者は、これを使用することで、使いやすい統一されたAPIを通じて、異なるクラウドのリソースを管理することができる。

 初期のクラウドプロバイダーは、「KVM」や「VMware」「XenServer VM」などを使用した仮想マシン(VM)をホストするIaaS(サービスとしてのインフラストラクチャ)として始まった。Apache Libcloudは、これらのプラットフォーム間の差異を抽象化するものだった。これは、複数のクラウドからのデータを収集し、環境を管理し、サーバの展開を自動化することができる、1つのPython APIによって実現されていた。その後、クラウドプロバイダーは進化して、DNSや負荷分散機能、バックアップなどの単純なSaaS(サービスとしてのプラットフォーム)サービスを提供するようになり、それに伴い、Libcloudもこれらの新しいクラウドをサポートするよう拡張された。

 Apache LibcloudプロジェクトのリーダーであるTomaz Muraus氏は、「最初にApache Libcloudを作ったときには、各クラウドプロバイダーで使用する標準APIの仕様を作ろうとして何度も失敗した」と述べている。「そこでわれわれは、Apache Software Foundationの一部としてオープンソースの互換ライブラリを作ることに決めた。Apache Libcloud 1.0は、複数のクラウドを抽象化する強力なライブラリで、IaaSだけでなく、DNSやストレージ、アプリケーション負荷分散、バックアップ、CaaS(サービスとしてのコンテナ)などのコンポーネントも対象としている」(Muraus氏)

 存在感の強いオープンソースプロジェクトであるLibcloudは、50以上のクラウドプロバイダーに導入されている。Libcloudを導入しているプロバイダーには、「Amazon Web Services」「Apache Cloud Stack」「Rackspace」「Google Cloud Platform」「Microsoft Azure」「OpenStack」およびVMwareなどが含まれる。Libcoudは、これらのプロバイダーで、複数クラウドの統合や直接的なAPIの統合を実現するためのライブラリとしてよく使用されている。

 想像がつくかもしれないが、DevOpsの開発者が自分たちが使っているツールに簡単なマルチクラウド自動化機能を組み込みたいと考えていることもあり、このライブラリは人気を博している。SaltStackの最高技術責任者(CTO)であるThomas Hatch氏は、「Apache Libcloudは、出回っている中ではもっとも安定しており、もっとも使いやすいクラウド環境管理用APIの1つを提供している。このライブラリがなければ、SaltStack Cloudのクラウドオーケストレーション機能を作ることは不可能に近かっただろう。このライブラリをわれわれのプロジェクトに取り込むため、しっかり時間を取るつもりだ」と述べている。

 この最新バージョンのApache Libcloudでは、CaaS、「Amazon EC2 Container Service」(ECS)、「Google Cloud Container Engine」(GKE)およびKubernetesDockerのオンプレミスオプションがサポートされた。Muraus氏は、「Apache Libcloudは、プライベートクラウドとパブリッククラウドの両方にまたがってDockerコンテナを配備するための、シンプルなAPIの抽象化を提供している。無料または低コストなクラウドを利用したいが、商用利用しているパブリッククラウドとの互換性も維持したい学術組織や非営利組織で、このライブラリの導入事例が見られる」と述べている。

 このように、もはや問題は「どのプロバイダーがLibcloudを導入しているか」ではなくなっている。今や問題は、「Libcloudを導入していないのはどのプロバイダーか」ということだ。複数のクラウドプロバイダーや、ハイブリッドクラウドを利用する必要があるのなら、Libcloudは必要不可欠だと言えるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算