編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

NTTデータ、FluentdとEmbulkのサポートサービス提供--トレジャーと提携

NO BUDGET

2016-06-28 14:42

 NTTデータはトレジャーデータと連携して「Fluentd/Embulkサポートサービス」を6月21日から提供している。

 「Fluentd」はデータをストリーム転送するソフトウェアで、「Embulk」はバッチ転送するソフトウェア。ともにトレジャーデータの創業者の1人である古橋貞之氏が開発し、オープンソースソフトウェア(OSS)として公開。現在、オープンソースコミュニティーの下で維持されている。

 Fluentd/Embulkサポートサービスは、データ収集基盤ミドルウェアであるFluentdとEmbulkを活用するシステムの設計や開発、運用、保守フェーズでインストールや設定方法、ソフトウェア仕様を確認できる。加えて、不具合を解析したり回避策を提示したりするまでを提供する。

 Fluentd、Embulkの開発元であるトレジャーデータと連携することでソースコードレベルの迅速な解析、Hadoopと組み合わせて使用する際の運用やチューニングなど、ユーザー企業のニーズを反映した高度かつ高品質なサポートを提供すると説明している。

FluentdとEmbulkを利用したデータ活用基盤の概要(NTTデータ提供)
FluentdとEmbulkを利用したデータ活用基盤の概要(NTTデータ提供)

TechRepublic Japan関連記事

 同サービスは「Hadoop/Spark構築・運用ソリューション」の一部である「Hadoop/Sparkサポートサービス」のオプションとして提供する。Hadoop/Sparkサポートサービスは、2015年からNTTデータが展開している。「Apache Spark」は、機械学習処理やグラフ処理、ストリーム処理を同一プラットフォームで実行できる、OSSの並列分散処理基盤。

 Fluentd/EmbulkサポートサービスではFluentdとEmbulkをシステムに導入し、導入後のソフトウェアに関してユーザー企業からの問い合わせを受け付け、調査し回答する。トレジャーデータは調査に際し、ソースコードレベルでの解析に基づく不具合の回避策を提示し、必要に応じたパッチ作成など、NTTデータが提示する解決策を支援する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]