編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

「Windows 10」、8月2日の大型アップデートでどう変わる?--主な新機能を紹介 - (page 3)

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-07-04 06:30

Edgeと拡張機能

 Windows 10が既定で搭載する新ブラウザ「Microsoft Edge」は、プレビュー版への実装が遅れ、正式リリース後も競合ブラウザの後塵を拝している。

 バージョン1607における最大のニュースは、言うまでもなく、Edgeでの拡張機能のサポートである。しかしプレビュー版の段階では、未だ前途は多難であり、正常動作する拡張機能は一部に限られている。筆者の周囲で最も待ち望まれていたパスワード管理用の拡張機能「LastPass」は、その期待に応えた。一方、広告ブロック用の拡張機能「AdBlock」と「AdBlock Plus」は、競合ブラウザ用のバージョンと同じ長所と短所を引き継いでいる。

 現在のビルドに至るまで、Edgeは軽量で高速なブラウザとして開発が進められている。実際のところ、MicrosoftはGoogleの「Chrome」を手本としてEdgeを開発しているものと思われる。現にEdgeは、拡張機能の形式までChromeのそれに似ている。

 しかし、EdgeがChromeからブラウザのシェアを奪うためには、こうした一連の改善で拡張機能を開発するコミュニティーを活性化し、Edgeの完成度をChromeに比肩しうるまでに高め、Chromeユーザーの目をEdgeに向けさせる必要がある。

Windows Ink

 2002年にタブレット端末が誕生して以来、Microsoftはペンとインクのデジタル化を目指してきたが、その挑戦は失敗の連続だった。しかし同社はこの分野における再起を図るべく、バージョン1607に「Windows Ink」と名付けた新機能を搭載する。

 通知領域のペンのアイコンをクリックすると、ペン入力に対応した「Windows Ink Workspace」が起動する。しかしこのアプリは、少し試すぶんには楽しいものの、バージョン1.0に相応の未完成な印象は否めない。

 「Surface Pro」と「Surface Book」にはペンが標準で付属しており、Microsoftはこのペンが極めて優れた入力デバイスだという主張をいまだに捨てていない。しかしその主張が現実となるかどうかは、現時点では甚だ未知数だ。

 なおAnniversary Updateでは、本記事で紹介したもの以外にも数多くの新機能が追加される。

 最後に良いニュースをお知らせしておく。筆者が多種多様なPC環境でテストした範囲では、Anniversary Updateは信頼性の高い安定したバージョンだという感触が得られている。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]