IoTのセキュリティ侵害は時間の問題--専門家らが警告

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年07月05日 10時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Gartnerの推定によると現在、新たにインターネットに接続される新しい「モノ」(トースターや電気ポットから、自動車や医療用機器に至るまでのさまざまなもの)が毎日550万台ずつ増加しており、その総数は2016年末までに64億台に達するという。

 この数値は2014年の38億台、2015年の50億台から増加しており、2020年には200億台を超えるIoT機器がインターネットに接続されるようになると見込まれている。

 セキュリティ研究者らは、このような状況によってセキュリティ上の大きな問題が投げかけられると警告している。

 英セキュリティ企業Sophosでセキュリティ研究のグローバル責任者を務めるJames Lyne氏によると「IoT機器には、現在のPCでは絶対にお目にかかれない、10年前に遡るようなセキュリティ脆弱性が存在している」という。

 同氏は、IoT機器への攻撃が「極めて簡単」であるものの、現時点でこういった脆弱性が悪用されていない唯一の理由は、ハッカーらがほとんど興味を示していないためだと述べた。

 同氏は「とてもクールで格好いい新製品が来年あたりに登場し、コンシューマーや企業の間で一気に普及することも十分考えられる。そうなれば、攻撃者の興味が高まると考えている」とも述べている。

 サイバーセキュリティ専門家のBruce Schneier氏も、そのような製品が近いうちに登場するとし、コネクテッドカーに対する攻撃は特に大きな危険を招くと懸念している。

 Schneier氏は、ロンドンで最近開催された「InfoSecurity Europe」カンファレンスで、「自動車に関して述べると、完全性や脆弱性に対する脅威が機密性に対する脅威に比べてはるかに大きく、人命や財産を脅かす真のリスクとなっているのは明らかだ」と述べている。

 Schneier氏は、何者かがコネクテッドカーのシステムに侵入し、運転者や同乗者を監視するというのは問題だと述べたうえで、「さらに、何者かによってブレーキが効かないようにされたら本当に恐ろしいことになる。また、自動車のCPUにランサムウェアを仕掛ける方法が発見された時には本当に恐ろしい事態となる。こうしたことが1年か2年のうちに実際に起こるはずだ」と述べている。

 これはコンシューマーだけの問題ではない。企業ネットワークに接続されたIoT機器が感染した場合、ハッカーに門戸を開くことになりかねないためだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算