編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

iPadでエンタープライズ市場に食い込もうとするアップル

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-07-29 12:31

 Apple製品と言えば注目を集めるのは「iPhone」や「Apple Watch」だが、同社によれば、エンタープライズ市場に食い込もうとする取り組みも進んでいる。同社の最高財務責任者(CFO)を務めるLuca Maestri氏は、今週発表した第3四半期の業績発表で、Appleはエンタープライズ市場での取り組みで「大きく前進」しており、今後も目覚ましい成長が見込まれると説明した。

 Appleはエンタープライズ事業の売上について内訳を明らかにしなかったものの、2015年6月までの1年間で250億ドルの売上を上げた事を過去に明かしている。iPhoneの売上が減少する中、Appleは新たな収益源を模索しており、最近になってエンタープライズ向けソフトウェア企業と多くの契約を結んでいる。

 Appleによれば第3四半期のiPadの売上は、9.7インチの「iPad Pro」発売を受けて7%増加した。iPad Proの半分はビジネス用途で購入されている。

 第3四半期の業績発表では、iPadの導入を伴う大型契約についても紹介された。ロシア最大の銀行Sberbankは、「組織全体に企業向けモバイルソリューションを導入し、コンサルタントが顧客に対してより魅力的で効率的なサービスを提供するため」に、昨年までに購入した1万台のタブレットに加え2万2000台のiPadを追加購入したという。

 Maestri氏はさらに、5月にSAPとの間で結んだ戦略的パートナーシップについても言及し、SAPは世界最大のエンタープライズソフトウェアプロバイダであり、世界中に30万の顧客と1300万人の潜在的ユーザーを抱えていると付け加えた。Appleはまた、Cisco、IBMともエンタープライズ市場をターゲットとしたパートナーシップを結んでいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]