編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
トップインタビュー

ビジネスSNSは生身のぶつかり合い、そして健全でサステナブル--Wantedly仲社長

怒賀新也 (編集部)

2016-08-04 07:30

 米Microsoftが6月13日、ビジネスSNSとして米国で広く認知されている米LinkedInを買収すると発表した。個人の職歴情報など巨大なデータを基盤に、新たなソフトウェアの開発つなげようとしていると言われる。

 MicrosoftのDynamicsアジア担当バイスプレジデントのSimon Davies氏は、LinkedInと、CRMおよびERP機能を統合したDynamics 365との連携イメージについて、まだ買収手続き中と前置きした上で「(Microsoft CEOの)Satyaといろいろ話している中で、CRMソフトウェアはもっと深い洞察をもたらす可能性を秘めている。デジタルとフィジカルの世界を統合できる」と述べる。

 それを実現する上で、ビジネスユーザーがLinkedInで公開している情報をソフトウェアに取り込むことで、企業ソフトウェアの可能性を広げられると考えている。

 日本では現状、LinkedInを含め米国ほどビジネスSNSが普及しているとは言えない。だが、Microsoftの動きからも想像できる通り、今後の市場拡大が見込まれる。

 ビジネスSNS市場の今後について、日本市場における第一人者であるWantedlyの仲暁子社長に話を聞いた。

Wantedlyの仲暁子社長
Wantedlyの仲暁子社長

 日本でビジネスSNSを展開するにあたり、技術者やデザイナーなどのビジネスユーザーが「セルフブランディングをしながら、企業と人をマッチングできるようにしている」と仲氏は話す。現在、利用企業は1万7000社。料金は12カ月契約の場合で月額3万円。20、30代が利用者のボリュームゾーンだという。

 ビジネスSNSとして、仲氏が考える今後の方向性は、例えばTOEICやTOEFL、英検のような外部機関とのデータベースの連携だ。セルフブランディングをしたいビジネスユーザーが集まる場において、スキルを認定するような機関は相性が良いと考えられる。

 Wantedlyが既に開始しているものとして、2月に開始した社内ツールの口コミサイト「Wantedly Tools」がある。6月13日のリニューアルにより、企業が利用するさまざまなツールの使い勝手や評価といった情報が分かるようになった。

 情報共有、コミュニケーション、プロジェクト管理、マーケティングといったさまざまな切り口で、利用されているツールのランキングや使い勝手に関する口コミ情報を載せている。今回、「経理・財務ツール」を追加し、freeeや弥生オンライン、MFクラウド会計といったクラウド会計ツールなどの情報の提供も開始した。ソーシャルの特性をうまく利用して、ツールの評価をガラス張りにする。

仲介需要消滅の先にあるもの

 あまり普及していなかったビジネス分野でのSNS拡大を目指す仲氏。背景には、若手社長らしさとも言える「現代的絶望感」のようなものも見て取れる。

 「Facebookなどが幅広く普及したことで、常に監視される世の中になった」と仲氏。

 一方で、「採用で言えば、ソーシャルメディアによる裏取りが簡単になっているため、学歴だけで実力がない人などは淘汰(とうた)される。人も企業も丸裸になるため、良い意味で情報の非対称性がなくなる。逆に言えば、(見かけ倒しが通じないため)まじめに実力をつけた人は報われる」とポジティブな見方をする。

 情報の非対称性を利用するビジネスは多いが、SNSの世界ではその「ムダ」がなくなるため、仲介需要が発生しないとの見解だ。

 「仲人のような存在がなくなる分、人と人が生身でぶつかることになる。だが、長期的にはそれは健全であり、サステイナブルである」(仲氏)

 窮屈さと表裏一体にある、ソーシャルメディアという場の魅力を独自の視点でとらえ、ユーザーに還元しようとする仲氏の事業展開のゆくえは、今後の世界を見通す上でも示唆的なものになりそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]