編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

マイクロソフト、2017年に2回のWindows 10機能アップデートを予定

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-08 11:17

 「Windows 10 Anniversary Update」はMicrosoftが2016年に行う唯一の機能アップデートになると考えるMicrosoftウォッチャーは少なくない。そして、Microsoftの代表者もこれを認めはじめている。

 Anniversary UpdateのITプロ向けの機能(開発コード「Redstone 1」)を紹介したTechNetの記事で、Microsoftの代表者は次のように述べている。

 Windows 10, version 1607はわれわれが3番目にリリースするWindows 10機能アップデートだ。Windows 10に移行した企業からのフィードバックに基づいており、2016年最後の機能アップデートになるだろう。2017年には2回リリースを予定している。

 2015年6月の最初のWindows 10のリリースは「Thresfold 1」という開発コードで、2015年11月のアップデート「Threshold 2」が2回目となる。そして、3回目が今回リリースされるWindows 10 Anniversary Updateだ。

 ある時期、Microsoftは2016年中に「Redstone」として2回アップデートを行うことにしていた。だが、私が3月に情報筋から得た情報によると、年初にMicrosoftの代表者は「Redstone 2」のリリースを2017年初めに延期したとのことだ。

 TechNetの記事によると、2017年にはWindows 10の機能アップグレードが2回あるという。開発コードはおそらく「Redstone 2」「Redstone 3」になると筆者は聞いている。Microsoftが通常のリリースサイクルに従うとすれば2017年の春と秋に登場すると予想される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]