マイクロソフト、2017年に2回のWindows 10機能アップデートを予定

Mary Jo Foley (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-08 11:17

 「Windows 10 Anniversary Update」はMicrosoftが2016年に行う唯一の機能アップデートになると考えるMicrosoftウォッチャーは少なくない。そして、Microsoftの代表者もこれを認めはじめている。

 Anniversary UpdateのITプロ向けの機能(開発コード「Redstone 1」)を紹介したTechNetの記事で、Microsoftの代表者は次のように述べている。

 Windows 10, version 1607はわれわれが3番目にリリースするWindows 10機能アップデートだ。Windows 10に移行した企業からのフィードバックに基づいており、2016年最後の機能アップデートになるだろう。2017年には2回リリースを予定している。

 2015年6月の最初のWindows 10のリリースは「Thresfold 1」という開発コードで、2015年11月のアップデート「Threshold 2」が2回目となる。そして、3回目が今回リリースされるWindows 10 Anniversary Updateだ。

 ある時期、Microsoftは2016年中に「Redstone」として2回アップデートを行うことにしていた。だが、私が3月に情報筋から得た情報によると、年初にMicrosoftの代表者は「Redstone 2」のリリースを2017年初めに延期したとのことだ。

 TechNetの記事によると、2017年にはWindows 10の機能アップグレードが2回あるという。開発コードはおそらく「Redstone 2」「Redstone 3」になると筆者は聞いている。Microsoftが通常のリリースサイクルに従うとすれば2017年の春と秋に登場すると予想される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]