編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

グーグル、48V給電ラックの仕様を公開--「Open Compute Project」向け

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-08 10:31

 Googleは米国時間8月4日、「Open Compute Project」(OCP)向けの48Vラック仕様である「Open Rack Standard V2.0」の暫定(Preliminary)版を公開したとブログで発表した。同社はFacebookとライバル関係にあるものの、データセンター向けサーバ機器のこの標準設計では協力し合っている。

 OCPは、参加企業間でカスタムハードウェアの設計を共有し、より効率の高いデータセンターを実現しようとするものだ。Open Rack Standard V2.0は、GoogleのOCPに対する初めての大きな貢献である。

 GoogleとFacebookはオンライン広告の分野で争っているが、両社は自社で運用しているハイパースケールデータセンターの効率を最適化するうえで、機器設計を共通化することにはメリットを見出している。

 両社は、「スペースに制約のあるデータセンター内にOCPラックを高密度で配備できるようにする、奥行きの浅い、モジュール化されたフォームファクタを備えた48V給電アーキテクチャ」を特徴とする新たなサーバラックの標準化を目指して協力している。

 Googleは、2016年3月にOCPに参加した際、最初の貢献が48V給電のラック設計になると述べていた。Googleは2010年から独自に同ラックの開発に着手しており、従来の12V給電のものよりも電源効率が30%向上すると述べている。Googleよると、このラックに移行した結果、「数百万ドルと、消費電力量にして数百万キロワットアワー(kWh)」が節約できたという。

 Googleの48V給電アーキテクチャがOCPに採用されれば、Facebookのエンジニアが開発した、現行の12V給電アーキテクチャに基づく「Open Rack」仕様が置き換えられることになる。

 Googleは、この新たな標準には48Vのパワーシェルフや整流回路、ラック管理コントローラ、バッテリバックアップユニットが含まれるとしている。同標準は現在、OCP参加企業によるレビューを目的として公開されており、2016年中にOCP Foundationに提出される予定だ。

 このアーキテクチャがOCPによって採用された後、参加企業はNokiaやWiwynn、Quanta Computerといった認定製造業者や、その他のパートナー企業に機器の製造を依頼できるようになる。

 OCPは、Facebookが自社のデータセンター向けカスタムハードウェアの仕様をオープンソース化したことに端を発するイニシアティブだ。OCPの参加企業には現在、Goldman SachsやDeutsche Telekom、Intel、IBM、Microsoftも名を連ねている。またMicrosoftは「Microsoft Azure」や「Office 365」「Bing」「Xbox Live」のサポートにOCP標準ハードウェアを採用している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]