米ZDNet編集長Larryの独り言

MSやSlackの牙城に挑む?--セールスフォースのQuip買収は何を意味するか

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2016年08月08日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforceは「Slack」のような機能がついた「Google Docs」に似たコラボレーションツールを手がけるQuipを買収する。買収金額は5億8200万ドルで、この金額にはすでにSalesforce Venturesが保有している株式は含まれない。

 では、なぜSalesforceはQuipを買収するのだろうか。

 今やコラボレーションがあらゆるものの鍵であることは明らかであり、文書管理やコメントの交換は重要だ。ワークフロー、ボット、プロジェクト管理もまた重要であることは間違いない。しかし、Salesforceは本当に文書管理市場で戦う必要があるのだろうか。「Microsoft Office」とSalesforceの組み合わせでも構わないのではないだろうか。あるいは、「Google Docs」でも良いかもしれない。

 一方で、MicrosoftとSalesforceはすでに「Lightning」コンポーネントでOfficeとCRMを緊密に統合する計画を明らかにしている。

 では、SalesforceのQuip買収には、どのような意味があるのだろうか。いくつかのポイントが考えられる。

  • 誰もが「Slackのような体験を提供できる」というストーリーを必要としている。Slackはコラボレーションの分野で多くの人の心をつかんでおり、メディアへの露出も大きい。QuipはSalesforceに、Slackを話題にする層に対して訴えかける要素を与えてくれる。
  • 文書管理機能の導入は、顧客の維持やSalesforceの差別化に役立つのだろうか?Do.comのことを思い出してみてほしい。Do.comの機能がMicrosoft OfficeやGoogle Docsに統合されたことに意味があったと主張するのは難しい。
  • Quipは、リアルタイムコラボレーションで「Chatter」にできなかったことを提供できるのか?Salesforceが掲げるリアルタイムコラボレーションのビジョンは正しいが、同社はすでにその多くを実現している。Quipが付加的な機能追加以上の何かを提供できるかどうかは明らかではない。
  • Microsoftは敵なのか、味方なのか?SalesforceはLinkedInの買収競争でMicrosoftに破れた。そして今度は、文書管理の分野で動きを見せようとしている。これは単なる偶然かもしれないし、そうではないかもしれない。Macquarie ResearchのアナリストSarah Hindlian氏は、調査ノートの中で次のように的確にまとめている。
  •  SalesforceがQuipを活用する方向性にはさまざまな可能性があるが、今回の買収によって、Salesforceはビジネス生産性ツール(歴史的にMicrosoft Officeが支配してきた市場)の提供に向かうことが可能になる。一方で、Quipのコラボレーションツール、コミュニケーションツール、ワークフロー管理ツールは、コラボレーションツールを提供するスタートアップSlackの急速な成長でも示されている通り、高まりつつある集中管理型コラボレーションツールに対する企業の需要に対応するものになる可能性がある。例えば、Quipは営業チームやマネージャーが、商品の売り込みや契約などの場面でコラボレーションを行うことを可能にするかもしれない。ビジネスプロセスツール(MicrosoftがOfficeでリードしている市場)とうまく適合するベンダーの買収は、両社がLinkedInの買収入札で競合したあとであるだけに、興味深い動きだ。両社がLinkedInの買収を試みたのは、Salesforceと「Dynamics CRM Online」の両方が、どちらもより洗練され、機械学習を用いたリードジェネレーションツールを必要としていたためだと考えられる。このことは、Microsoftは敵か味方かという疑問を生む。これはどちらの可能性もあり、現時点ではどちらなのかは不明だが、多分野にわたる相互交流が起こりつつある兆候が見え始めていることは確かだ。


    SalesforceがQuip買収。文書管理ソフトウェア市場で戦う必要があるのだろうか?

    この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算