MS、「Windows Insider Preview」版「Edge」のバグ報奨金プログラムを開始

Liam Tung (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-08 10:53

 Microsoftが新たに特別なバグ報奨金プログラムを開始した。「Windows Insider Preview」版「Edge」ブラウザで、リモートコード実行の脆弱性(RCE)を発見するためのプログラムだ。

 Microsoftはこれまでにも、一般提供されているソフトウェアの深刻な脆弱性を報告したセキュリティ研究者に報奨金を支払うプログラムを複数提供している。

 今回開始された期間限定のバグ報奨金プログラムでは、Windows Insider Preview版Edgeのリモートコード実行可能な脆弱性を発見した研究者に対して、Microsoftが500ドル~1万5000ドルを支払う。開発段階でリリース前にバグを発見することが狙いだ。「Insider」プログラムは、「Windows」やEdgeのリリース前のバージョンを登録者に提供している。Edgeで採用されているMicrosoftのJavaScriptエンジン「Chakra」のオープンソース部分についても報奨金プログラムの対象となっている。

 今回発表されたバグ報奨金プログラムはMicrosoftがリリースする前のソフトウェアを対象とする。Microsoftは同社が既に認識しているバグについても、最大1500ドルを支払うとしている。「これらの報奨金プログラムは初期段階のソフトウェアを調査するもので、Microsoftが既に修正に取り組んでいる脆弱性が報告されるケースが増えるかもしれない。その場合、そうした脆弱性の発見者の労力に報いるため、最初に報告してくれた外部研究者に最大1500ドルが支払われる」(Microsoft)

 Microsoftは2015年、Edgeのテクニカルプレビュー版のバグ報奨金プログラムで1500ドルを提供したが、実施期間はわずか3カ月だった。

 今回の新しいEdgeバグ報奨金プログラムは2016年8月4日~2017年5月15日の約10カ月にわたって実施される予定だ。

 このEdgeバグ報奨金プログラムは、Microsoftの「Windows 10 Anniversary Update」の公開と同じタイミングで発表された。Windows 10 Anniversary Updateには、Edge向けレンダリングエンジン「EdgeHTML 14」が含まれる。


提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]