海外コメンタリー

量子コンピュータの実用化見据え、求められるセキュリティ--NISTが耐量子暗号の標準策定へ

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2016年08月22日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 量子コンピュータは、(理論的には)従来のデジタルコンピュータには手に負えなかった問題を解く可能性がある。

 これは、電子メールから医療記録や銀行の取引まで、あらゆる場面で使われている現時点では安全な暗号が将来解読できるようになり、セキュリティ上の大問題が発生する可能性があることを意味している。

 近年、量子コンピュータの研究が進展したことで、政府やテクノロジ企業は、大規模な量子コンピュータの構築が実現した場合に備えて、量子コンピュータでも解けない安全な暗号を準備する必要があることを認識している。

 これを受け、技術標準を監督する米国の政府機関である米国立標準技術研究所(NIST)は、耐量子暗号の開発に向けて最初の一歩を踏み出した。

 NISTは、量子コンピュータでも破れない公開鍵暗号の発見と評価を行う、新しいプロセスに対するパブリックコメントの募集を開始した。

 「今後大規模な量子コンピュータが構築された場合、現在使用されている公開鍵暗号の多くは解読が可能になる。このことは、インターネットおよびそれ以外のデジタル通信の秘密性と完全性に対する、重大な危険となり得る」とNISTは述べている。

 数時間以内に鍵長が2000ビットのRSAを破る能力を持つ量子コンピュータが約10億ドルの予算で2030年までに実現すると研究者は予想している。NISTは、最近発表した耐量子暗号に関するレポートの中で、「これは、現在までにNISTによって標準化された暗号システムに対する重大な長期的脅威だ」と警告している。

 今回の取り組みの目的は、量子コンピュータと従来のコンピュータの両方に対して安全で、かつ既存の通信プロトコルやネットワークと相互運用可能なシステムを開発することだ。

米国立標準技術研究所(NIST)が耐量子公開鍵暗号の標準策定プロセスへのパブリックコメントを募集
研究者はすでに次世代の暗号に取り組んでいる。
提供:iStockphoto

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算