編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、「PowerShell」をオープンソース化--アルファ版を「GitHub」上で公開

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-19 10:22

 うわさは本当だった。Microsoftは「PowerShell」をオープンソース化し、同ツールのLinux版と「OS X」版を開発する。PowerShellは同社の開発したコマンドラインシェルおよびスクリプト言語だ。

 Microsoftは米国時間8月18日、Linux(Red HatのLinuxや、「Ubuntu」「CentOS」)向けとOS X向けの、「PowerShell Core」のアルファ版バイナリをGitHub上で公開した。同社によると、今後サポート対象プラットフォームを拡大していくという。また、「Windows」向けとLinux向けの、現時点でのPowerShellのソースコードも公開される。

 同社のテクニカルフェローでありPowerShellの父と称されてもいるJeffrey Snover氏は、PowerShellを他のプラットフォーム上で動作させるには、同ツールがベースにしている.NETのポーティングが必要だったと語った。

 筆者が先週、Snover氏との電話インタビューで聞いたところによると、Microsoftは「.NET Core 1.0」を用いて、Linux上やOS X上での.NET Coreの稼働を実現できたため、同環境上でPowerShellを動作するようリファクタリングしたという。このPowerShell Coreは、「Windows Server 2016」の「Nano Server」とともに出荷される予定にもなっているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]