インテル、シリコンフォトニクス製品を披露

Stephanie Condon (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-18 10:58

 Intelは米国時間8月17日、サンフランシスコで開催中の「Intel Developer Forum(IDF)」においてシリコンフォトニクス製品を披露した。同社は開発に16年を要したこの製品により、データセンター内のトラフィック管理におけるシリコンフォトニクスの普及を図る考えだ。

 IntelのエグゼクティブバイスプレジデントDiane Bryant氏は同カンファレンスで、半導体集積回路と半導体レーザーを組み合わせたシリコンフォトニクス製品には、半導体を用いたその他のソリューションに比べると大きな利点が存在すると述べた。同氏によると、Intelはリン化インジウムを採用したレーザー発振素子を半導体上に集積し、「シリコンに輝きをもたらした初めての企業」だという。

 Bryant氏によると、同社はレーザー発振素子を精密に配置するために半導体リソグラフィ技術を採用した結果、自動的な配置によってもたらされるコスト低減とともに、リソグラフィ技術の特徴である正確さによってもたらされる高い性能を実現できたという。

 同氏は、データセンター内のネットワークトラフィックが12カ月ごとに倍増しており、銅線を用いた接続では対応できなくなってきていると述べた。しかし、従来の光ファイバーを用いた接続のコストが高くなってきているため、次のソリューションとしてシリコンフォトニクス製品が位置付けられる。

 Intelは、一部の顧客に向けて6月からシリコンフォトニクス製品を出荷していた。

 同氏によると、Intelのシリコンフォトニクス製品によってもたらされる競争力は、同社の「統合設計能力と製造能力」の表れだという。

インテル、シリコンフォトニクス製品の一般提供を開始
提供:ZDNet

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]