米Cylanceがアジア初の拠点として日本法人を設立 - (page 2)

大河原克行

2016-08-25 07:30

 Cylance Japanの社長に就任した金城氏は、1993年にカリフォルニア大学バークレー校大学院でMBA(経営学修士)を修了。SynOptics CommunicationsやElectronics Book Technologyの日本法人社長を歴任。1998年にはPacketeer日本法人の立ち上げに関与した。2008年6月のBlue Coatとの合併まで、ブルーコートシステムズの社長を務めた。2009年にはパロアルトネットワークスの社長に就任し、2014年に退任していた。

Cylance Inc
Cylance Japanの金城盛弘社長

 金城氏は、「AIは明日の社会を変えるものではなく、今日の社会を変えるものである。日本法人では、AIによる最新セキュリティ情報や技術を日本市場に提供し、さらに、顧客のスムーズな導入支援およびサポート。日本初の脅威に対しての解析と、日本の顧客に対するサポートを実施する。9月には、Threat Research Centerを日本に開設。「プリンシバルエンジニアを米本社から招聘し、日本人のエンジニアも採用することになる」という。

 1年間の利用ライセンス料は、5000円~1万円を想定している。

 さらに日本法人では、プロフェッショナルサービスとして、「Threat ZERO導入サービス」、「産業制御システムセキュリティサービス」「IoT/制御組み込みサービス」「エンタープライズセキュリティサービス」「インシデント対応およびセキュリティ侵害評価サービス」を提供するという。

Cylance Inc
米Cylance Inc.のセールスエンジニアのライアン・ウイリアムズ氏
エムオーテックス
エムオーテックスの河之口達也社長
日立ソリューションズ
日立ソリューションズ クロスインダストリソリューション事業部セキュリティソリューション本部・宇佐見憲司郎本部長

 また、全米75都市で、アンビリーバブルツアーを実施。24時間以内に発見された新種マルウェア100個と、その亜種100個を4社のウイルス対策ソフトでテストするもので、Cylance Protectでは圧倒的な防御率を誇ることを示した。日本法人設立に合わせて、8月24日には東京で、25日には名古屋で、26日には大阪で、アンビリーバブルツアー・イン・ジャパンを開催する。

 米Cylance Inc.のセールスエンジニアのライアン・ウイリアムズ氏は、「アンビリーバブルツアーでは、4社のセキュリティ対策ソフトウェアを比較するが、他社のソフトウェアでは、新種のマルウェアによってファイルが実行されてしまうが、Cylance Protectでは、ファイルをまったく実行させないこと、さらには、検知率の速さ、CPUの負荷が少なくて済むという点も理解してもらうことができる」と述べた。

 会見では、パートナーであるエムオーテックス、日立ソリューションズの2社が登壇。

 エムオーテックスの河之口達也社長は、「この技術を見て、これからのセキュリティ技術はこれだと考えた。LanScope Catに活用することで、顧客のお役立ちにつなげたい」とコメント。

 日立ソリューションズ クロスインダストリソリューション事業部セキュリティソリューション本部・宇佐見憲司郎本部長は、「当社のエンドポイントセキュリティの中核製品の1つととらえている。Cylance Japanの設立によって、今後、連携を深めて、販売拡大、付加価値提供の拡大につなげたい。3年累計で30億円の売り上げを目指す」と述べた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]