グーグル、脆弱性発見コンテスト「Project Zero Prize」を開始--1等賞金は20万ドル

Charlie Osborne (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-09-16 15:25

 Googleは米国時間9月13日、「Project Zero Prize」というコンテストを開始すると発表した。「Android」に実際に存在する危険性の高い脆弱性が攻撃者に悪用される前に、深刻な脆弱性を発見し、潰す方法を探ることが目的だ。

 Project Zeroのセキュリティ研究者であるNatalie Silvanovich氏は、Googleのセキュリティチームが絶えずバグを発見しているにもかかわらず、「多くの固有で高度なセキュリティ上のバグがハッキングコンテストの結果として見つかっている」と述べた

 Project Zero Prizeコンテストの狙いは、端末の電話番号と電子メールアドレスを知っているだけで、複数のAndroid搭載端末でリモートコードの実行を可能にする脆弱性などを見つけることだ。

 コンテストの期間中に、「Nexus 5X」および「Nexus 6P」端末上で「Android Nougat」のいずれかのバージョンを標的にすることに成功したエクスプロイトであれば、コンテストにエントリー資格がある。

 賞金は何種類か用意されており、優勝が20万ドル、2位は10万ドル、3位は5万ドル以上となっている。

 Googleは、参加者が発見したバグを最後まで手元に置いておくのではなく、バグを発見したら「Android issue tracker」で報告するよう求めている。報告するバグは必ずしも完全な脆弱性のチェーンでなくてもよい。Project Zero Prizeの期間中のこうしたエントリーは、コンテストへの提出の一部として扱われる。コンテストの期間は6カ月だ。

 入賞した脆弱性やエクスプロイトは、公に発表される予定になっている。


提供:NopSec

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]