日立ソリューションズ、「活文」にメール無害化オプション

NO BUDGET

2016-10-11 12:38

 日立ソリューションズはメール利活用基盤「活文 Enterprise Mail Platform」のオプションとしてメール無害化機能を11月1日から提供する。10月6日に発表した。

 価格はオープンだが、税別の参考価格は1000ユーザーの場合、活文 Enterprise Mail Platformが155万2000円、メール無害化オプションが124万3000円、上長承認オプションとウェブアップロードオプションが各60万円。初期導入費用と年間保守費用が別途必要。

 同機能は、添付ファイルの画像形式への変換や削除、HTML形式のメールのテキスト形式への変換を強制的に実行することで、企業の情報システムや自治体の総合行政ネットワーク(LGWAN)へのマルウェア侵入を防ぐというもの。メールの送受信での情報漏洩リスクを軽減し、メールを安全に利活用できるという。

メール無害化オプションのイメージ(自治体への導入ケース、日立ソリューションズ提供)
メール無害化オプションのイメージ(自治体への導入ケース、日立ソリューションズ提供)

TechRepublic Japan関連記事

 活文 Enterprise Mail Platformは、メールシステムの安全な利活用を支援する製品。宛先や添付ファイル間違いなどによる誤送信防止対策として、送信メールをサーバ内に一時保留し、保留中に送信を中止できる。

 添付ファイルの自動暗号化やウェブアップロード、メール送信前の上長承認などセキュリティポリシーにあわせた柔軟なルールが設定可能。以前はメール誤送信防止製品「留め~る」という名称で提供されていた製品を4月に名称変更した。

 企業や自治体でメールセキュリティ強化への関心が一層高まっていることを受けた。今回のオプションでは、受信ファイルを、添付ファイルを削除した上で企業内のメールサーバに転送する。

 添付ファイルを画像形式へ変換することで内容を安全に確認することも可能。HTML形式の受信メールをテキスト形式に強制的に変換することで悪意のあるコードを無効化し、マルウェアの侵入を防ぐ。オリジナルの受信メールや添付ファイルを特定のサーバに保管することで、特定の利用環境下で、無害化前のメールや添付ファイルを閲覧できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]