AWSがクラウド予算管理の「Budgets」をアップデート

Liam Tung (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-10-25 10:34

 AWSは「Budgets」機能をアップデートした。


提供:AWS

 頻繁に変わるクラウドの支出を管理しやすくすることを目的に、AWSはDevOpsに関わるVPレベルの管理者、プロジェクトマネージャー、財務マネージャー向けの新しい予算機能をリリースした。コスト超過を回避するために対策すべきかを判断するのに必要な詳細情報を自動通知する機能もある。

 この点がBudgetsをシンプルなコスト計算ツールよりも価値あるものにしており、クラウドリソースを利用しているチーム、部署などとやりとりする担当者を助けることができる。

 AWSユーザーは1支払いアカウントにつき最大20000件の予算を設定できる。予算は1日4回更新され、VPやプロジェクトマネージャー、財務マネージャーに情報を提供する。最初の2件の予算は無料だが、3件目からは1日2セントのコストが発生する。

 VP向けにはオーバービューとして、クラウドリソースを消費する事業部単位あるいは企業全体で予算を設定し、支出を追跡して予算と比較する機能が提供される。

 部門におけるコストとリソースの利用を知りたいプロジェクトマネージャーは、レポート機能を使って複数のサービス、タグ、リージョンの状態を把握できる。また、アクションが必要なときは関係者にアラートできるツールもある。

 財務マネージャー向けには、企業、アカウント、サービス、事業部、プロジェクトチーム単位でコストの履歴を分析し、将来の予算を検討するのに役立つ機能が用意されている。

 Google、Microsoft、Amazonはクラウドの世界の大企業顧客を獲得するためにさまざまな面で競争している。

 AWSの今回のBudgetsのアップデートは、企業で予算を担当している人に魅力となることだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]