編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ヴイエムウェア、予想上回る第3四半期決算を発表

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-10-27 10:20

 仮想化技術の大手であるVMwareは米国時間10月26日、2016会計年度第3四半期決算(9月30日締め)を発表した。

 非GAAPベースの純利益は前年同期比12%増の4億8500万ドル(1株あたり1.14ドル)で、売上高は前年同期比6%増の17億8000万ドルだった。

 アナリストらは売上高を17億6000万ドル、1株あたり利益を1.10ドルと予想していた。

 VMwareの最高経営責任者(CEO)Pat Gelsinger氏は発表で「好調な第3四半期決算は、顧客に戦略的価値をもたらすという当社の強みを反映したものだ」と述べるとともに、「われわれは新たな『Cross-Cloud Architecture』の提供により、顧客がプライベートクラウドやパブリッククラウド、ハイブリッドクラウドを通じて、あらゆるアプリケーションを稼働できるようにすることを支援している。このアーキテクチャは業界で最も完成度が高く、ハイブリッドクラウドに適している」と述べた。

 また同社は発表のなかで、Amazon Web Services(AWS)を含む、最近の戦略的提携をアピールした。

 なお同社は、2017年2月4日からDell Technologiesの会計年度期日に移行するとも発表した。VMwareの親会社であるEMCは9月にDellとの統合を完了している。2018会計年度の第1四半期は2017年2月4日〜5月5日までとなる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]